このレポートの前に3日の記事をどうぞ.
小峰トンネル@東京都道32号
フジで奈良県警の覆面P(スカイラインGTS)と覚醒剤容疑者(オデッセイ)のカーチェイスやってた.覆面のドラテクすごすぎ.車輌の性能の差のみならず,ドラテクもすごすぎて戦力の決定的な差が歴然としすぎw(風招きブログ専属似非ジャ一ナリスト・赤い水星


226-45
かつて自ら「あたしはどっちかっていうと左だな」と宣言した赤い水星人(+)の女に恋をしたことがある,「ムスコはどっちかっていうと左向き」な青森226が乗るのは白い舞うん天バイクである.白い機体と共に,僕は小峰トンネルを八王子側に脱出した.高さ制限3.2mの標識が,小峰トンネルの小ささを示している.ところで,写真をクリックすると拡大する事実を知らない視聴者もいるようなので,一応お伝えしておこう.


226-46
ナトリウムの炎色反応でトンネル内がオレンジに光る.こちらは五日市側のような不気味な気配はあまり感じない.煉瓦が丁寧に組まれたトンネルの坑門は実にゲイジュツ的だと思う.民俗学のセンセイから「土木技術者から見れば興味があるかもしれないが,トンネルに魅力はない」なんて言われてしまったが,僕は「センセイこそ魅力がないですよ」と言ってやりたい.センセイの為に来年夏の夜にここで集中講義(実技形式)をしてやりたい.そしてここで起こる色々な現象について民俗学的な見地からレポートでも書かせてやりたいわい.


226-47
八王子側は五日市側よりさらに狭い上にこの小ヘアピン.もう数年前まで主要地方道・東京都道32号・それも西東京バスの大型バスが走る路線だったとは思えない.バスもここの区間だけ乗務員2人体制だったそうだ.南斜面なのに杉林のせいか暗い感じだ.濡れた路面には落ち葉や木くずが堆積し始めていて,白い機体の藤原とぅふ店号も滑る滑る.これからの受験シーズンに滑る滑る言いまくりだ.写真を撮った後,何度も引き返してここの路肩で1人ドリフトごっこをでやっていたのは秘密だ.


226-48
さて,ちょっと進むと開けた場所も出てきて,民家や新道も見下ろせる箇所もある.ドリフトごっこをしていたら,八王子側から来た山歩きをしている人に見つかって恥ずかしかったのも秘密だ.まあ何はともあれ,クルマに轢かれる心配もなく,静かな感じなので都会に疲れたら散歩がてらに来るのにはいい道だと思う.その辺の自転車道路と違って2列で走るオバちゃんも右側逆走のオッサン自転車もいないので,ひらひら女子高生がいないのを除けば申し分のない快適道路だ.


226-49
程なくして八王子側の通行止めゲートに到達する.ゲートをクリアして五日市側を振り返った画像だ.二重のガードで車輌の進入を防ごうとしているが,脇が甘いのでチャリンコの横漏れは防げない.多い日は心配だ.なお,ここからすぐに現道と合流する.こちらは八王子市街までだいたい整備されている.僕は八王子へは向かわず,新小峰トンネルをくぐって五日市へと戻り,この日のプチ遠征を終えた.
<終わり>
blog_ranking←ご愛読ありがとうございました。