このレポートを見る前にこれまでのレポートを見てくださいませ.

青森県道269号その1


226-67
14億円の夜景ほたる湖を過ぎると,2車線路はY字に分岐する地点に出る.線形的にもセンターライン的にも左が県道269号だが,右の林道が舗装されていて,県道はダートになっている.初めてここに来たときは舗装の林道に間違って入っていってしまった.山の神様から「違うの,そっちのじゃないの」と言われた気がしないでもないがやっぱり気のせいに違いない.林道は青森市久栗坂に出る完全舗装路だ.一方で県道269号は平内町増田に出る.


226-68
県道269号はダートとなり谷沿いの田んぼの脇を伸びていくが,デリニエータ(反射板がついてるポールみたいなやつね)もなく,本当に県道なのか少し不安になる.デリニエータは直轄国道なら国土交通省なり建設省なり北海道開発庁なり沖縄開発庁など,一般国道なら都道府県名などといったように管理者名が記される.当然,青森県道なら青森県と記されたデリニエータなわけだが,ここには無いのだよ.ただ傾斜はほとんど無く,快適なダートであり,舞うん天バイクで走るとこの上なく楽しくなる.


226-69
ここで分岐が現れる.地図を持たずに初めて来ると迷いそうだ.敢えて直進なのか左折なのかは言うまい.地図を見るなり路面や地形から正しいルートを判別するのもチャリ乗りの重要な要素だ.なお,このレポートは現地に赴くことを促すものではないので,ここで道を間違えて遭難しても自己責任だ.ダートでも県道指定を受けていくらかは改良されているはずなのだが,指定前は結構迷いやすい道であったのではないだろうか?そのくらい,分岐していく林道や市道,町道の方が立派であったり同じくらいの規格である箇所は今後も出現する.


226-70
県道269号は間もなく登りに転じる.標高387mの高森山の東方を迂回する形で,この道は浅虫川水系から盛田川水系(小湊川支流)へ向かって小さな小さな分水嶺越えを始める.ここからが青森市近郊の初心者向けダートの峠越えとして最適の箇所だ.と同時に,実はこの269号は国道4号の超マイナーサブ迂回路でもある.国道4号の迂回路としては田代平をかっ飛ばしていく県道40号みちのく似非高速道路がメジャーだが,平内町山口〜青森市浅虫にかけて渋滞になった場合に限り,県道269が補欠として使用できる.まあ渋滞って言っても,ねぶたの頃くらいしかないけどね.


226-71
薄暗くなったり明るくなったり,アップダウンを繰り返しながら徐々に峠へ向けて登り始める.薄暗い場所は路面が湿っていて,フェンダーを装着していないチャリで突っ込むと背中に泥が跳ねてしまふ.でもやっぱりこの道は国道4号のサブとしては使えない.迂回路目的の皆さん,別路線へどうぞ.というかこの道,平内の国道4号まで県道指定されていないのだよ.うん,まぁ抜けてるっちゃあ抜けてるんだけど……なんでこの峠を県道指定したのか,わけがわからなくなる展開はまた今度.

その3へ続く

blog_ranking←ご愛読ありがとうございました。