久々の竜飛更新です.センター試験の今日,受験生に大人気の朝日新聞の大ウソを,元受験生がお送りする青森めんこいブログ告発します.

このレポートを見る前にこれまでのレポートを見てくださいませ.

階段国道339号その1
階段国道339号その2
階段国道339号その3
階段国道339号その4


226-101
前回のレポの最後の写真の所から津軽海峡を振り返る.岩のような島が二つ見えるが,その間から北海道の松前が見えている.このままだと写真が見えにくいので拡大することをオススメするが,受験生の諸君,朝日新聞を鵜呑みにするのはオススメしない.読むなと言うと営業妨害になるし,稀にまともなスクープもあるので朝日を全否定はしないが,読売新聞で小論文対策をやった青森226が「朝日はそんなに小論文には使えない」と言っておこう.


226-102
ヘアピンを曲がると,左手の崖下に竜飛の家々が海岸沿いの狭い陸地にへばり付くように並んでいるのが見える.さて,まずは長靴がズボっと埋まる。から手はじめに行こうか.実はこれ,微妙に本当かも知れないのだが……めんこいブログが訪れた日は,ミニ新幹線こまちが止まるなど秋田県が大雪で麻痺する3日前で,青森市の積雪も100cmに達しようとする日である.そんな状況下でも,竜飛は強風地帯ゆえに雪が吹き飛ばされるので,積雪が少ないのだ.長靴が埋まるほどの積雪箇所は少なくとも階段上にはない.階段から逸脱して雪藪にでも突撃したなら話は別だろうが……あ,雪藪に行ったら朝日お得意の捏造かw


226-103
階段国道も稜線に近づいてきた.2番目は,雪国の国道で除雪をしていないのは、ここぐらいだろう。である.甘すぎる.どんな事前調査や取材したんだ.雪国には除雪をしないがために冬季閉鎖される国道は全国に数多にある.青森県内だけでも国道102号,103号,338号,394号,454号と雪藪のオンパレード北海道は多すぎて書きたくもない.東北・甲信越にも数多の路線が!西日本でも,除雪予算がついていないせいで突発的に通行不能になる国道が何本もある.朝日は,記事の文章力がないからって,ウソをついてまで竜飛の階段を強調させようとしているかのようにも受け取れるのだ.


226-104
手はじめに軽く朝日のウソを書いてみたが,この程度なら朝日も苦し紛れながら反論可能であろう.今日は冒頭で書いたとおりおめでたい日だし,もう残り2コマしかないので核心(革新?)の大ウソは次回に持ち越しだ.九十九折れを経て,稜線が近づくと階段は直線的になってくる.そして,小さいながら反対側を向いた339号のおにぎりが見えてきた.気になるのだが,ここは中央分離帯のような手すりによって,左右に道が分けられている.歩行者は道路交通法上,右側通行が原則である.つまり,国道339号は全国でも珍しい,右左が逆のアメリカ的路線だと言うことか.


226-105
さすがは日本海側を西海岸だなんて言ってしまう青森県である.アメリカナイズドされていやがるぜ☆舞の海の故郷・鰺ヶ沢町がロスになり,白神岳を擁する深浦町がシアトルになる日も近い(←ウソ).ジス イズ ア ジャパニーズ ライスボール 339 ビハインド ツガルカイキョーチャンネル.これは振り返って撮った写真.国道339号のおにぎりが津軽海峡を背にして立っていやがるぜ(和訳).竜飛は風が強すぎて雲の動きも速い速い.さっきまで見えていた北海道がもう見えなくなってしまった.

最終回に続く

blog_ranking←ご愛読ありがとうございました。クリックしても完全無料・安全ですので応援お願い致します.