めんこいブログが,多摩が誇る廃隧道に遂に突入.

これまでの記事→その1


226-158
というわけで,東京都が日本に誇る煉瓦巻き廃隧道『旧吹上隧道』の登場だ.竣工が明治であるので,『明治吹上隧道』という呼び名の方が有名で,しっくりくる人も多いであろう.残念ながら日本最古の煉瓦巻き隧道の座は兵庫県の鐘ヶ坂隧道に譲る.確か,JR西日本のパンフレットだったと思うのだが,鐘ヶ坂隧道を訪れるツアーがある事をめんこいブログは確認している.時間が有れば鐘ヶ坂も見ておきたいところだが,まずは多摩の山に眠る旧吹上隧道を見ておこう.


226-159
東京都にもかなりの物件があるじゃないか.関東人なら,鐘ヶ坂隧道を見る前に是非とも旧吹上隧道見ておくべきだと思うのだ.最近,青森226の故郷の東北地方では,修学旅行で京都に行かずに韓国だのハワイだのアメリカ西海岸だの行ってる高校も多いようだが,そんなんでいいのかね?別に海外に行くなとは言わないけど,日本国内もろくに見てないのに海外ってのは違う気がするのだ.そんな旧吹上隧道の入口にはフェンスが見える.


226-160
内壁も煉瓦巻きのようだが,若干,白みを帯びている.これは地中の石灰分が染み出た結果らしい.路面は未舗装で乾燥しているが,昨年5月に訪れた際はになっていた.さて,ここで言い訳をさせて頂くと,入口のフェンスは破壊されているのか,管理者が乱暴に開けておいてくれているのかわからないが,開いていた.特に立入禁止などの看板もない.これは「大事な大事な煉瓦巻き廃隧道へのアタック・チャンス!」である.めんこいブログの取材クルー(当然ながら地方公務員は関係ない)は内部に向け大胆かつ慎重に進入することにした.


226-161
内部は真っ暗なので,チャリンコ用のLEDライト(3980円)で照らしながら,内壁を撮影してみる.ここなんか煉瓦が真っ白だ.アタックパネルの大半が白に占拠されている.ん〜そこに来たかぁ,旧吹上隧道.残念なことにが入り込むスペースはない.落書き野郎共がだのでスプレーしないことを祈るばかりだ.幼稚な落書きを「パブリックアートだ」なんて称賛するのが時代の流れになっても,絶対に認めんぞ.がんばれ.いや,赤煉瓦


226-162
天井を見ると,きれいに煉瓦が並んでいる.見事だ.函館のベイエリアの金森倉庫の赤レンガももちろん景観として素晴らしいが,旧吹上隧道の煉瓦だって負けていないと思うぞ.……でもなんだかまた5年ぶりに函館行きたくなってきたぞ.ラッキーピエロにハンバーガー食いに行きてぇ.地ビール飲みてぇ.高校の卒業旅行,奇跡の大学合格がフイにならないかとドキドキしながら買ってホテルの部屋で男5人で飲んだはこだてビールの爽快なのどごしとスリルは忘れられんね.ま,買った店とホテルの名前は言えませんがね……なんせ当時18歳.

その3へ続く

blog_ranking←ご愛読ありがとうございました。クリックしても完全無料・安全ですので応援お願い致します.