たぶんネット上 初登場物件!!
青森県内でもトップクラスの廃道出現.
かつて自動車(ダンプカー含む)が通った廃道としては最凶か!?

これまでの記事→1 2 3 4 5 6



mamesaka31
ちょっと高い場所に登って,豆坂を眺めてみる.写真左やや上から右やや下へ伸びるのが豆坂の道床.笹籔に加え,幹の直径15cm弱の雑木に覆われている.青森県教育委員会の調査報告書に「灌木に覆われ,通行困難」と書かれているのは,この辺りのことなのかも知れない.ちなみに高い場所とは,もう旧道の路肩からすぐ側の位置で旧旧道・豆坂からの脱出は間もなくだ.


mamesaka32
国土地理院発行の地形図上での合流地点が近いと思われたので,無理矢理に旧道へ向け突破を試みる.登り口の側(本レポ1)は,当Blog方針上分岐点を記載していないが,分かりやすい.しかし下り口,すなわち合流点の場所ははっきりしない.正直,ここが本当に合流点なのかは自信がない.地形図上での合流地点から,あと100〜150mほど,旧道と並行する平場が実際には残っているのだ.


mamesaka33
いよいよ右側前方に旧道が見えてきた.旧道とはいえ,現道がいわくつきの道なので(別に不吉なわけではない)交通量は多く,しかも今なお現役で主要地方道指定を受けていて,あと数年はこの状態が続くのであろう.………やっぱり「いわくつき」ってのは良くない響きなので,「わけありの道」にしておく.頭上を巨大な飛行機が飛んでいき,突っ込んできそうな感じがする中,籔をかき分けていく.


mamesaka34
ようやく旧道に合流である.
青森めんこいブログ史上,最も酷な廃道をついに攻略せり.
所要60分,全行程約1000m.
道中,手ぶれ防止機能の破損したデジカメでの撮影に苦悶し,ヤブ蚊の群に襲われ,傷だらけの天使ゾーンに突撃し,ようやくのゴールである.
青森邪魔田高校廃道特進コースの栄誉をたたえ,校歌を伴奏したいが,校歌がない.


mamesaka35
さて,学校教育において校歌は実は必要ではない.校歌の必要を明文化した法律はない.いわば慣例上あるようなものなのだ.ということで,ふと思ったのだが……校歌が無い高校が甲子園で勝利を挙げたら,どうなるのか?挨拶・サイレン→そのままスタンドへダッシュか!?それとも無音状態で校旗掲揚?そもそも校歌がない高校なんてあるのかどうか知らないが.とりあえず,次回より,「万象(あまねきすがた)かたどれる八ツの秀峰八甲田」(参考文献・青森山田高等学校校歌)の3桁国道廃道を公開するので,お待ち下され.



blog_rankingクリックでブログランキングに投票!