どうも,気が向いたんで,廃止を予定しておきながら,勝手に復帰してしまいました。すみません。

一応,コメント状況やアクセス数を確認するために,定期的にこのブログを確認していたんですがね。

更新停止後に,1日のアクセス数最高となる371件を記録したこともあったりしまして,定期的に見ていたお客様方が減少した一方で,一見のお客様は確実に存在しているようです。ありがたいことです。


更新停止にした理由なんですが,mixiに日常の報告をしておりまして,そのせいです。mixiでは別名で活動してますが,それ以外の場所でネットに登場することはありません。

これからは,ブログでやってもいいかな,と判断できるような記事だけ更新していきますんで,前のように毎日更新ってのはないと思います。あしからず。



さて。

われらが歌姫aikoが,国分太一と破局していたそうな。

もともとは,高校時代からのファンで,2001年の1月に交際報道が出た時には,軽く凹んだりもしたんですが(←バカである),今は破局が残念です。

だって,ボーイフレンドカブトムシも,誰のために歌っているのかもうわからんじゃないですか。

確かに,そんなん言ってたら,「国分と付き合う前にできたインディーズの楽曲はどうなる?」という矛盾にぶつかるんですが。

でもやっぱり,残念ですよ。

国分がいなかったらできなかった曲だってあるでしょう。それを愛でてきたaikoファンにとっては,やっぱ破局は残念ですよ。



もうだいぶ新曲が出てないわけですが,最後にリリースされた雲は白 リンゴは赤には,

“まだ好きなの?と言われそうだから誰にも言えないこの想い”
“細い糸を紡ぐ様よ 切れないでいてあたしの心”


ってフレーズがあるんですよ。
aikoはたぶんまだ国分を好きなんじゃないですかね?

男の恋愛はフォルダ保存女の恋愛は上書き保存という名言があるように,女の恋愛はあんまり過去にとらわれないって見方が一般的ですけど,aikoの場合は「アイツを振り向かせる方法」とか,「二時頃」のような未練タラタラの曲も多いですからね。

だから,なんとなく,引きずってるような気がしないでもないです。

次の新曲はひょっとしたら未練系かもしれませんね。

とは言ってみたものの,女心ってのは秋の天気予報以上に難解ですから,男の俺が書いたところで何の説得力もないので今日はこの辺で。

blog_ranking復帰するとは限りませんが,投票してくださると嬉しいです。