旅先の離島で偶然に廃道を発見。
まさか休暇に来ていて10km近くに及ぶ廃道を走ることになるとは……。



8800
小生はツーリングマップルを毎年購入するヘビーユーザーなのだが、いかんせん北海道は縮尺が違いすぎるため、同じ昭文社発行のマックスマップルを使用している。本州以南のツーリングマップルの縮尺が14万分の1なのに対し、北海道は20万分の1である。対してマックスマップルは道東・道北はツーリングマップルと同じく20万分の1ながら、道南・道央に限っては10万分の1と、本州以南のツーリングマップルより詳細なのである。


8801
10万分の1縮尺でいて、ツーリングマップルと同様に廃道の類もしっかりと記載されており、道南を例にあげると銚子トンネルの旧隧道や川汲峠の廃道区間も読み取れる。廃線となった鉄道の築堤跡なんかも一部載っており、松前線や瀬棚線の跡を地図上からたぐることも可能なのである。というわけで、北海道はマックスマップルでよろしくお願いします(ひたすら彼方を目指す遠距離用ならトラックマップルも非常に捨てがたい)。


8802
だがマックスマップルを眺めていて、ただの白い線に奥尻島線って道道路線名が書いてあるのを発見してしまったのだから、「これ道道39号の旧道ですか?まさか廃道ですか?」って行って見ないわけにはいかくなってしまうのである。事前情報で“八十八曲”という難所らしいことは把握したが現地に来て立っている標識は88曲峠で、漢字が正しいのか数字が正しいのかわかりませぬ。


8803
あー、廃道だ……。つい最近まで入れたようなのだがorzゲートは大変に頑丈で脇の笹藪をすり抜けられそうもなく、ゲートの下を潜らすのも不可能ではなさそうだが車体が傷だらけになりそうで出来ない。ここまで厳重なゲートは神奈川を思い出すわい。「さーどうしましょう」とゲートの前で立ち尽くすこと数分、一旦現道分岐まで戻り、どうにかゲートの無い別ルートを探すことにする。


8804
現道と脇道を約20km弱もの距離を行ったり来たりしつつも、なんとかゲート強行突破を行わず、別ルートでゲートのこっち側へ。って気がついたら残りのガソリンが最後の一目盛を切ってる事態になっているではないか。島に渡る前に満タンにしとくべきだった!廃道は抜けれても、無事に島を一周してフェリーターミナルまで帰れるんだろうか……。

2へつづく

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!