青岩橋の更新が滞ってますが、ネタがないので小出しにしてるとかではなく(ネタがないのは事実だけれど)、情報が交錯していて更新できないというだけなのです。

ただいま国道4号の資料をあさっておりまして、青岩大橋についての記述は結構見つかっているのですが、青岩橋に関してはなかなか。

まぁ青岩橋についても資料があるにはあるのですが、資料によって記述が違うのでどれを信用してよいものか……

ちなみに、国土交通省の資料で手倉橋隧道旧国道4号であるという確認は取れました。


というか手倉橋隧道1926(大正15)年竣工だということも判明しまして。。

最長国道なのにトンネルが少ない旧国道4号で、古参のトンネルといえば善知鳥前隧道や岩手県の小繋隧道なんかがありますが、それぞれ1933(昭和8)年、1963(昭和38)年の竣工でして、手倉橋がいかに最古参級かがわかるかと思います。

東北の旧国道隧道で、手倉橋より古い隧道となれば山形が誇る大御所・栗子隧道や秋田の渓后坂隧道くらいであり、今も現役であることを考えれば手倉橋隧道は渓后坂隧道に次ぐ長寿隧道であるといえそうです。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!