ロゼッタストーンとかいう、語学学習の会社のCMが腹立たしくて仕方がない。

青森県民の中でも津軽人にはぜひこちらのページから動画を見てほしい。


こったらだ、えぱだだ津軽弁、あるが?



津軽弁話者として、CMで謎の言語を話しているババァの使用言語は津軽弁ではないと断言できる。
なんだこのアクセント?

どうせ、津軽弁とポルトガル語の両方を堪能に話せる役者の手配がつかなかっただけなのだろう。
百歩譲って、それはまだ許せる。



これは悪意を持って接している小生の偏った見方かもしれないが、
「日本の局地的な方言である津軽弁なんか喋ってる人でも外国語を学ぶんですよ」という、津軽弁や青森県を馬鹿にした商売としか思えないのだ!

「方言編」を謳うぐらいなら、津軽弁なんかより大阪弁や博多弁の話者の方が多いだろう。
ポルトガル語が堪能な日本人の中から、方言話者を選別するのなら、話者人口が絶対的に少ない津軽弁を狙わずとも、関西や福岡からそれぞれの方言話者を探せばよいだけのことだ。

あえて津軽弁を選別し、その上でババアに謎の言語を話させるというロゼッタストーンの行為に対して、小生は津軽弁に対する侮辱行為としか感じ得ないのである。

津軽弁を馬鹿にし、挙句の果てに金を儲けようと云う、卑劣なやり方にしか思えない。



いっそ、
「ロゼッタストーンさ乗り込んでわっためがしてこねばまね!
と、最近、感情というものが全くなかった小生ですが、久々に怒りというのを感じたのでありました。


まぁ、どうせ、同じ日本人の役者に津軽弁をまともに教える能力すらもないクソみたいな体たらくを平気で晒している会社ですから、こんなところで外国語なんて学べないと思いますがね。

ロゼッタストーン、潰れればいいのに。

がんばれNOVA!

これが業界を挙げた壮大な釣りじゃなければよいが。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!