福島市でのテレビ東京(東京スカイツリー波)受信はコチラ

hukushimakenkyou mtyamizo
福島県と茨城県の県境、それはテレビ放送の免許区域で云えば、福島県域局と関東広域局の境界でもある。

ご存じのとおり、東北6県にテレビ東京系列局はない。
青森県の一部でテレビ北海道を受信しているが、あとは福島県の一部でテレビ東京を受信する世帯があるのみだ。

そんな中、10kWという超巨大出力で、間もなく634mの東京スカイツリーが地デジの電波を出し始める。
一般的に、地デジ移行に伴い、送信所の出力はアナログ時代の10分の1になった。
キー局はアナログ時代にVHFを使用していたので、UHFを使用する地デジと一概に比較できないが、地デジで10kWという数字は、アナログなら100kWに相当する数字である。

アナログ時代、札幌や仙台、新潟、名古屋、広島、福岡などのUHF局が30kWでぶっ飛ばした例はあるが、その3倍を超える100kWという例はなかった。

なぜ、キー局にこんな大出力が与えられたのだろう。

ワンセグにとどまるが、0.5kWもあれば、山形県鶴岡から約300km離れた青森の龍飛でも地デジが受信できてしまうのである。
実際、鹿児島の民放は、吐噶喇列島の中之島中継局から、わずか3wで飛ばした電波を170kmも離れた奄美大島の名瀬中継局で受け、そこから奄美にテレビの電波を出しているのだ。

スカイツリーの遠距離受信、これはまったく未知数であるが、別に栃木や茨城、もっと言ってしまえば栃木茨城の奥にある福島など、関東の北側に電波が飛ばないように指向性をつけているわけではなさそうだ。

スカイツリーに完全移行してしまう前に、東京タワーからの10kWの放送波の受信状況を、ほぼ150km離れた八溝山で調べることにした。
本当は、受信テストの切り替えのタイミングで山頂に居れたら、良かったのだが。



八溝山頂(福島・茨城県境)

【受信レベル(フルセグorワンセグor受信不可)】
NHKGNHKE
NHK-G東京:83、●NHK-Eテレ東京:69

NTVEXTBS
日本テレビ:75、●テレビ朝日:65、●TBS:74

TXCX
テレビ東京:65、●フジテレビ:81

MX
TOKYO MX(東京スカイツリー3kw波):23

TVSCTCTVK
テレ玉(桜区0.5kW波):54、●チバテレビ(船橋0.5kW):15、●tvk(鶴見区1kW):0





天候は曇り気味な晴れ、気温は21℃です。
福島・宮城方面は受信していません。

フルセグ受信できたのは、東京タワーから10kw送信されたNHK2波とキー局5波と、その20分の1の0.5kWでさいたま市桜区から飛んできたテレ玉の8波。

一方、既にスカイツリーから3kWで送信しているTOKYO MXワンセグでレベル23止まり。

他の南関東の独立UHFでは、辛うじてチバテレビワンセグ復調したものの、tvkはかすりもしないレベル0


まず、TOKYO MX以外の独立UHFから考察。
確かなことは言えないので、D-paのエリアの目安などを参考に考えたい。

tvkなんかは出力1kWと、テレ玉チバテレビの2倍の送信出力を持っているが北方向にまるで電波を出せていない。
tvkは親局を横浜市北部の鶴見区に置くわけだが、その北には川崎市の市域がわずかに広がるのみで、東京都の大田区や世田谷区に電波が漏れないよう指導されたのだろうかと思う。

それに対し、テレ玉チバテレビは、それぞれの親局から北側にも、埼玉県や千葉県の県土(=放送区域)が広がっていることもあり、北側にも送信されているようだ。

ところが、同じ出力どうしなのに、テレ玉チバテレビの間には歴然としたアンテナレベルの差がある。

調べてみると、テレ玉の親局が使用する32chに重複して障害を与えそうな局はあまりないのに対し、チバテレビの親局が使用する30chを使用して重複しそうな局はいっぱいあることがわかった。
30chはざっと、KFB会津若松(0.5kW)NHK-G塙、同棚倉富岡などが近隣ないし、大出力で影響を与えそうな感じである。

TOKYO MX以外の独立UHF3局から推測できるのは、第一には指向性の問題が重要だということだろう。
確かにtvkは最も南に位置するが、たかだか埼玉と横浜で直線で40kmしか離れていないし、tvkテレ玉の倍の送信出力を誇るのだ。
それが、ここまでの差になるのであれば、やはり指向性に理由を求めるのが自然な気がする。

第2には、影響を与えそうな同一チャンネル(周波数)の存在という問題。
八溝山からテレ玉の親局まで134km、チバテレビの親局までは139kmだから、それほど差はない。しかも、同じ出力。
ところが、チバテレビの親局が使用する30chを使用して重複しそうな局は福島県内を中心に多数存在する。
これは、地デジは混信に強いとはいえ、やはり重複には勝てないという表れかもしれない。




次いで、東京都内からやってくるNHK民放キー局TOKYO MXを考察してみる。

NHK-G日本テレビTBSフジテレビはレベルが74〜83と高いが、テレビ朝日テレビ東京はレベル65と低い傾向に分かれた。

確かに、テレビ朝日と同じ24chを使用する重複局はTUFいわき平TUF塙笹原なんかがあり、テレビ東京と同じ23chを使用する重複局はKFB塙笹原とかがある。

しかし、民放で最もアンテナレベルが高いフジテレビも、同じ21chでFTV勿来FTV塙笹原などを福島県側に控えている。

これはどういうことなんだ???
恥ずかしい話だが、現段階では、推測できる域にも達していない。



実は、キー局は関東地方で親局と中継局で同一周波数を使っているところもあるので、これが本当に東京タワーから来た電波なのか、中継局の電波なのかわからないところもあって、詳しいことは本当にわからないという問題もある。

現に、東京タワーではなく、中継局の周波数をたたき出している可能性はある。
例えば、八溝山頂から20kmしか離れていない奥久慈男体中継局は、水平偏波垂直偏波の違いこそあれ、NHK-G以外は東京タワーの親局波と同一の物理チャンネルを使用している。

それでも言えることは、八溝山に登るまで、茨城県側から茨城県道28号や八溝林道をテレビ東京のアンテナレベルを調べながら走行していたが、やっと復調したのは八溝山の山頂であったということと、麓の上野宮などの集落では、軒並み30素子の高利得UHFアンテナを設置していたということだ

そのアンテナの設置は概ね、南東から北西へ延びる茨城県道28号に並行して南西に近い方向を向いていたが、いずれも水平偏波を受信する設置方法を採用しており、上野宮など八溝山麓の集落では垂直偏波奥久慈男体中継局ではなく、水平偏波大子中継局を受信していると推測された。

この大子中継局の物理チャンネルは親局とは異なっていることから、八溝山頂で受信できた局は少なくとも大子の波ではないと言える。

現に、NHK-Gで、親局と同じ物理チャンネルの27chを使用する中継局は八王子(3W)や青梅(3W)、青梅沢井(0.3W)、新島本村(0.01W)しかないことを考えると、八溝山で83という強いアンテナレベルをもたらしたのは、東京タワーの親局波と考えるのが自然ではなかろうか。
ほぼ同条件で送信されている他の民放キー局の親局も、同様である。

以上より、おそらく、八溝山頂に影響を与えそうな、関東広域局の中継局はないのではないかというのが、自分の予想である。


次回はスカイツリーに切り替わってからの、キー局のアンテナレベル。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!