弘前学院聖愛高校硬式野球部、青森大会優勝おめでとう

久しぶりに、「青森県代表校の甲子園での活躍を応援しよう」という気持ちにさせてくれたことを感謝申し上げる。

ブログでは書いてこなかったが、ここ数年、小生が春夏の甲子園で応援してきた高校は能代商業とか遠軽とか、主に北海道や秋田の代表校だった。

いや、2010年の八戸工大一は県南出身の選手が多かったし、応援してたな。



青森山田や光星を特に応援しなかった理由については、書かないことにするが、

WEB東奥の応援メッセージ掲示板に、ある共通の理由による書き込みが複数されていたので、一部を引用抜粋させて頂こうと思う。


●上北地方20代男性(決勝後の書き込み)
純県産の甲子園出場に喜んでいます。

●西北五地方50代女性(準決勝後〜決勝前の書き込み)
地元の子中心のチームで頑張ってきた聖愛野球部をずっとずっと応援して来ました。

●東京都30代女性(準決勝後〜決勝前の書き込み)
ここ数年 県内の高校が甲子園に行っても県内出身選手が少ないと知ってそこまでして甲子園行きたいのかと正直ガッカリしていました。
今回は違います!どっちが勝っても、「久々の津軽の学校!」「初進出!」
素直に県民として卒業生として応援できます。


●東京都60代男性(準決勝後〜決勝前の書き込み)
ここんところ青森のチームをあまり応援しませんでした。
何故かと申しますと、光星にしろ山田にしろ関西の出身者が殆どで県民感情からすれば余り声を大きくして応援が出来ませんでした。
今回決勝に進んだ両チームは久方振りに青森県出身者でチームを構成されているので応援のし甲斐があります。



<一部抜粋以上>



7月23日午後の聖愛の優勝後から、本記事を書いた7月25日19時までの間に寄せられていた書き込みは12件。

7月21日昼の聖愛・青森山田戦後から決勝までに寄せられていた書き込みは37件。

以上より、青森山田が敗退して、聖愛・弘前高・八戸西の3校のいずれかが甲子園に行くことが決まってから7月25日19時までの書き込みは49件なのだが、そのうち、上記4件の書き込みを抜粋させていただいた。

大抵は「がんばれ」とか「よくがんばった」といった、応援やねぎらいの内容なのだが、49件中4件が、上記のような書き込み。

49件中4件という数字を、多いとみるか、少ないとみるか。


余談ながら、
報知新聞にはわざわざ40人全員が青森出身と見出しに書かれたほどだが、
これまで続いた光星と山田の2強占拠に、聖愛が風穴を開けたことはやはり大きな意味のあることだろう。
(去年まで秋田県北の大館あたりの選手もいなかったっけ??)

中央のメディアが全員が青森と受け止めるくらいなのだから、今まで青森県民の多くが何を思ってきたか、それは想像に難くない。



何はともあれ、聖愛、甲子園でもがんばれ!
負けた弘前高校も、引き締まった接戦をありがとう!

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!