さて、先月、初めて郡山市いわき市の人口を逆転し東北第2都市に浮上しましたが、当面は2市のデッドヒートを見届けようと思います。


【2013年10月1日現在(カッコ内は前月差)】
郡山市:328,236人(+124人)
いわき市:327,783人(-210人)


差は119人から、453人に広がりましたね。
なんなんだスゲーぞ郡山市の勢いって感じです。

まだ逆転からたった1か月ではありますが、回復し続けている郡山市に対し、いわき市の人口減少が続いたままなのを見ていると、再逆転は厳しかろうか、という気がします。

実際のいわき市を訪ねてみれば、八戸以外の青森各市が羨ましくなるくらい一部上場企業の工場が建ち並んでいて、働き口はあるはずなんですが……。


ただ、いわき市には双葉郡内の各町村に住民票を置いたままの被災者が多数いますので、国勢調査での人口は、住民基本台帳人口よりだいぶ多そうな予感はします。
いわき市内は賃貸住宅の空きがなくて騒ぎになるくらいですし。
次の国勢調査は2015年ですから、まだ2年あるわけですが、その時点で郡山市といわき市の人口差はどの程度なのか、気になるところです。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!