天皇陛下に直訴という騒ぎを起こして賑わせている山本太郎といえば日テレ「元気が出るテレビ」のダンス甲子園の海パン姿。
でも正直、ちゃんとした記憶はあんまりない。
「元気が出るテレビ」は三上大和の口喧嘩のイメージが強烈かな。




次いで古い記憶にあるのは、テレ朝「さんかくはぁと」。
山本太郎は主人公の親友役で出ていた(役名は失念)が、主人公は山本耕史、ヒロインは永作博美、永作のお父さんの大観(だいかん)役は岡本信人と、今考えると結構豪華。

山本太郎、山本耕史、永作の担任の女教師が、大観と不倫するところだけ強烈に記憶に残ってる。
五輪真弓の「恋人よ」のBGMで、女教師が「だい・かん・さん」と岡本信人に迫るシーンが全話を通じてのお決まりだった。

五輪真弓とか室井滋とか初めて知ったのが「さんかくはぁと」だったな。
なお、山本太郎はスケベな役だった。




「さんかくはぁと」以後は、あまり山本太郎の印象がないまま時が流れるのだが、それを見事打破したのはフジテレビ「アヤパン」。

山本太郎は、当時フジ新人女子アナの高島彩に対峙し、腸内洗浄について熱く語り出し、実際、番組内でイルリガートル浣腸が出てきた。
c6ck[1]
こういうやつ。

友人数人と見ていたが、深夜に地上波で流れたアナルトークには爆笑した。
山本太郎、クッソおもしれぇと思った。

クソだのアナルだの浣腸だの連発してすまん。




程なくして、NHK大河ドラマ「新選組!」に出演。
nhkshinsengumi
この写真の著作権はNHKに帰属します。
正月の青森帰省から戻って東京駅に降り立つと、中央線ホームを中心に、このポスターが貼られまくっておった。
土方歳三が沿線の日野出身だからだろう。

一人だけ水色の新撰組ハッピ着てない原田左之助役の山本太郎が、強烈な印象を放っていたのを思い出す。
同時に、土方歳三役が山本耕史だったこともあり、「さんかくはぁと」以来だなと密かに心躍った。

新選組!」には堺雅人が山南敬助の役で出ていた。
井上源三郎役が小林隆だったので、今年になって「半沢直樹」を見ながら「おお、山南先生と源さん」とわしは喜んでたりした。

だいぶ話が脱線してしまったが、山本太郎の原田左之助役は非常にハマっていたと思う。



小生の、山本太郎に持つイメージは、上記のように、「さんかくはぁと」発「アヤパンで腸内洗浄」経由「原田左之助」に至る役者としてのイメージだ。

芸能界に戻るのは難しいんだろうが、もう一回、役者としての山本太郎を見てみたいんだがなあ。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!