11月3日に、『盛岡以北の高速道路の休憩施設について』と題する記事で、ガソリンスタンドレストランが廃止された東北自動車道津軽SAの話を書いたりした。

Wikipediaの津軽サービスエリアの記述で「ガソリンスタンド、レストランともに廃止された事例はほかになく、当SAは大規模な縮小」とあるとおり、津軽SA高速道路民営化によって規模縮小の憂き目にあった代表例だと思うが、全国にある同様の“落ちぶれ”エリアをリストアップしたら、他にもあった。


そもそも、民営化前の日本道路公団の形式だと、
・駐車場
・トイレ
・ハイウェイショップ(軽食)
・レストラン
・ガソリンスタンド
・インフォメーションコーナー

というのが基本セットだったと思うが、民営化されて形態が多様化しているのも事実。

東名高速 海老名SAを筆頭に、「高速道路で休憩するためのSA(手段)」から「特定の店に行くために高速道路を走って行くSA(目的)」というような感じに、変わり果ててしまっているエリアもあるのは周知のことだろう。

海老名は極端な例にしても、東北道 菅生PAみたいに、フードコートに改装されてレストランと軽食の区別がなくなったエリアも多数。

日本道路公団の仕様であれば、レストランと言えば、ウェイターやウェイトレスを呼んで注文し、料理を持ってきてもらうテーブルサービス方式だったが、菅生PAフードコートはかつての軽食コーナーと同じセルフサービス形式だ。
首都圏に近いところだと、東北道 羽生PAも同様だが、テーブルサービス方式レストランからセルフサービス形式フードコートに変わったエリアまで、レストランが廃止されたエリアと呼んでいいのか微妙である。



ということで、よりわかりやすいガソリンスタンドの存廃を基準に、まずは話を進めたい。

ガソリンスタンドが廃止されたSA・PAの一覧から。
ガソリンスタンドが廃止されたSA・PA一覧
路線名エリア名種別上下
区別
開設年有人の
売店等
レストラン備考
東北津軽SA1979維持廃止
東北津軽SA1979維持廃止
東北花輪SA1984維持未設
秋田西仙北SA1991維持廃止
秋田西仙北SA1991維持廃止
磐越阿賀野川SA1996維持維持
磐越阿賀野川SA1996維持維持
関越塩沢石打SA1984維持未設
関越塩沢石打SA1984維持未設
上信越妙高SA1997維持未設
北陸PA1978維持未設給油所は黒埼PAに移転
北陸PA1978維持未設給油所は黒埼PAに移転
中央八ヶ岳PA1976維持未設
名神大津SA1963維持維持給油所は草津PAに移転
名神大津SA1963維持維持給油所は草津PAに移転
中国赤松PA1974維持未設給油所は西宮名塩SAに移転
中国赤松PA1974維持未設給油所は西宮名塩SAに移転
中国帝釈峡PA1978廃止未設
中国帝釈峡PA1978廃止未設
中国吉和SA1983維持未設
中国吉和PA1983維持未設
中国鹿野SA1980維持維持
中国鹿野SA1980維持維持
宮崎霧島SA1976維持維持2014年に給油所復活
宮崎霧島SA1976維持維持2014年に給油所復活
沖縄伊芸SA1975維持維持
沖縄伊芸SA1975維持維持

ご覧の通り、15エリア27か所で、ガソリンスタンドが廃止されている。

復活を遂げたのは、宮崎道 霧島SAのみ。

近隣の別のエリアに移転する形で廃止になっているのは北陸道 栄PA中国道 赤松PAなど3か所。

それ以外は、おおむね、需要の少なそうなエリアばかり並んでいる。


目立つのは、中国自動車道からリスト入りしたエリアが多いことだ。
山陽自動車道が完成して以来、近畿圏⇔北九州福岡大都市圏の主軸の座から路線ごと退いてしまった感もあるが、それにしても4エリア8か所もガソリンスタンドが廃止というのは衝撃的だ。

帝釈峡PAに至っては、ガソリンスタンドのみならずハイウェイショップまで廃止され、駐車場とトイレのみになっている。


では次に、ハイウェイショップすら廃止され、無人化したエリアが他にないか、見てみよう。
有人施設廃止で無人化 高速SA・PA一覧
ご覧の通り、7エリア11か所で、無人化されている。

中国道からも帝釈峡PA湯田PAがリスト入りしているが、首都圏にほど近い関越道でも2エリア3か所が無人化の憂き目に遭っている。

奇しくも、上信越道の開通で、首都圏⇔北陸の主軸の座から転落した関越道 藤岡JCT〜長岡JCTの間に集中しているのは、中国道にも似ている。



中国道の交通量が、山陽道に比べてどの程度少ないか、図にまとめたのが以下の図だ。

中国道 山陽道 交通量比較図

神戸JCT〜山口JCTの区間では一目瞭然で、山陽道の交通量が中国道を圧倒しているのがわかる。

後に完成した山陽道によって、先に完成した中国道の需要が悉く奪われてしまったのだ。

山陰方面へアクセスする米子道が分岐する落合JCTあたりまでは需要もあるのか、ガソリンスタンドの廃止されたSAは存在しない。

だが、千代田JCT浜田道が分岐し、山陽道への連絡路になっている広島道広島北JCTで別れた後の区間は悲惨である!

島根県唯一の中国道のインターである六日市から山口JCTまでの末端区間平均で、24時間交通量は2,282台まで落ち込んでしまう。

これは、東北道の末端の津軽SAがある青森県内区間の交通量と比べても3分の1以下である。

有人だったPAが無人になってしまうほどの閑散区間というのは、これほどの数字なのである。



余談ながら、サービスエリアであるにもかかわらず、開設当初からガソリンスタンドがないエリアもリストアップしてみた。
開設時から給油所無し 高速SA・PA一覧
弊ブログも大好きな八戸道 折爪SAなど15エリア28か所には開設当初からガソリンスタンドがなかったのである。

最初から無人だったという強者も3エリア6か所。
(あえて具体名は挙げないでおこう…)

最近では、2014年にサービスエリアとして誕生予定だったが、無人なので、しれっとパーキングエリアで開業した圏央道 市原高滝湖PAという、面白いエリアもいるのを見逃さない。



民営化で、地方の閑散区間はサービスが上がるどころか、下がっちゃったというのがよくわかったと思う。
「需要がないから」と言われればそこまでだけれど、もはやショッピングモールみたいになっちゃった東名高速 海老名SAなんかを見ていると、やるせない(いつも混んでるから入る気もしないけれど)。




2015/2/23 追記
読者様のコメントより、鹿野SAのレストランは存続しているのだろうかという疑問が寄せられました。
NEXCO西日本のSA・PA情報サイト「遊・悠・WesT」によれば、鹿野SA(上り/下り)共にレストランのピクトマークが消えており、鹿野SAのレストランはないというのが、NEXCO西日本の見解のようです。
鹿野SA(Googleストリートビュー2014年12月)一方で、Googleのストリートビューを見ますと、2014年現在、まだ鹿野SAの標識にはレストランを示す「フォークとナイフ」のマークが残っています。私も首都圏にいますので、なかなか現地に確認に行けないため、確認のしようがないのですが、山口県の方から情報を頂ければ幸いです。
なお、テーブルサービス方式のレストランか、セルフサービス方式のフードコートかは不明ながら、いずれにせよ、鹿野SAでは食事が可能です。長州どりや、鹿野高原豚、下関のふくなど、美味しいものが頂けるようですので、中国道を走る機会があれば、お立ち寄りを。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!