今さら感はあるけれど、今年の7月に五所川原にコミュニティFMが開局した。
これで、平成の大合併前の青森県旧8市の中で、コミュニティFMがないのが、青森・黒石・十和田・三沢の4市になった。

4市のうち黒石は、市街地も田舎館のJaigo Waveのエリアに入っているので、事実上「コミュニティFMがある」市と言っていいかもしれない。
三沢にはコミュニティFMはないけれど、AFN三沢があって、国内では他に横田、岩国、佐世保、沖縄にしかないので、実はコミュニティFMより一番プレミア感があるような気もする。

残り2市。
根拠はないけれど、青森より先に十和田にできそうな予感(どっちも開局準備してるとかいう話はないけどね)。

青森市は、東北6県の県都で、唯一、いまだにコミュニティFMもないのである。

「そんな県庁所在地、他にあるのかい?」と、県都と政令指定都市を対象に、調べてみた。


コミュニティFM一覧

未だに存在しないのは青森くらいだろうと思っていたが、宇都宮や千葉、津、大津、松江、山口、松山、大分の合計9市にコミュニティFM局がないのだった。

逆に、札幌市のように大量に林立しているところも。
都市によってバラバラで、地方の傾向というのはちょっとよく見えなかった。



さて。
元青森市民として「コミュニティFMが必要か?」と言われれば「そんなに必要でない」という答えになるのだけれど、「青森県の既存のラジオ局に満足しているか?」と聞かれれば「満足していない」になる。


TOKYO FMの全国ネット番組を聴くためにFM青森は聴くけれど、そんなもんだろう。
Air'Gやnorth waveはほとんど受信できないし。


AMの方は昼夜問わずHBCラジオSTVラジオが不自由なく受信できるのが救いだけれど、
RABラジオは1233kHzなので隣接の1242kHzのニッポン放送を受信するのに邪魔な局という感想に尽きる。

NHK第一青森も963kHzなので隣接の954kHzのTBSラジオを受信するのに邪魔な局だったり。
わしが青森にいた頃は、「伊集院の深夜の馬鹿力」を聴いたことが無かった(HBCがネットしてなかった気がする)。


あくまで自分の考えだが、ここまでの状況なら、「だれか『クッソつまらねーRABラジオに対抗してやる!』と思ってる青森市民がコミュニティFMを立ち上げても良いんじゃないか」と思ったりもするが、福岡市なんかでも経営難で潰れてたりするから、難しいんだろう。

でも、県内初はむつだったし、八戸や弘前、五所川原でもコミュニティFMを頑張っているのである。
サンロード裏・ザ・ビデオ屋のCMで「○○からも来る!」と言っていた県内の○○市にあるものが、県都の青森には無い、これはどうにかならんのであろうか。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!