東京ドームに日ハム×ロッテを観戦に行ってきた。

DSC_0104


丸ノ内線の中でradikoでHBCラジオを聴きながら向かうといきなり大谷がホームランで2点被弾。
そう、今日は大谷翔平が先発なのだ。
後楽園駅を降りて東京ドームに着くと、レディースデイが重なり、チケット売り場が長蛇の列。

待ち合わせした友人と30分ほど並び、ようやく内野指定席を購入。
外野自由席は既に完売であった。


tokyodome2


実は東京ドームでプロ野球観戦するのは21年ぶり
当時はまだ義務教育真っただ中の坊主であったので、本当はヤクルトファンだったが巨人ファンの親に連れられて横浜との試合を外野席で見たのだ。

その試合は松井秀喜大久保のホームランが飛び出すなどし、2-18で横浜が圧勝。

神宮のヤクルト戦は2001年の日本一とか何回か見に行っているけれど、東京ドームはそれ以来だ。
長嶋さんの「セコムしてますか」看板、あれだけは変わってないのかなと思う。

そして、何気にレフトスタンドを埋め尽くす真っ黒なロッテファンの熱烈な応援にも感心。
こりゃあ、こちらも盛り上がらない訳にいかない。

DSC_0108

往年の東北大会みたいな大谷翔平(花巻東卒)VS田村(光星学院卒)。
大谷が見事に田村を仕留め、スタンド大盛り上がり。

ただ、まあ、試合には敗北。
8回の攻撃がノーアウト満塁から0点に終わるとか残念な展開であったけれど、6回に陽岱鋼のホームランが見れたし、まあいいか。


最後まで観戦できなかったので、9回の攻撃は電車の中でHBCラジオを聴きながらゲームセットを迎えたorz
ロッテファンすげえなあと思っていたら、試合後の「ファイターズDEナイト!!」でも斉藤こずゑと二岡智宏が『一説によると東京ドームのマリーンズ戦はマリーンズファンの方が多い』なんて冗談を言っていたりした。



しかし、札幌市とか福岡市クラスの大都市になれば、地方に居ながらにしてもこうやって好きな時にプロ野球を見に行けるわけだ。

青森に帰ると、函館のオーシャンスタジアムで日ハム主催試合を見ようと思っても年間に数試合しかないし、同じく秋田のこまちスタジアムでやるヤクルト主催試合も年に1回だ。
仙台まで行けば楽天戦は見れるけれど、贔屓の球団が土日にビジターで来てくれるかどうかは日程次第。
函館・秋田・仙台のそれぞれ、雨天ノーゲームという不運の可能性もある。

僕も東京に抑留されだいぶ経つので、そろそろ釈放される日が近くなるんじゃないかと勝手に思っているんだが、そうすると今日みたいに地下鉄に乗るとかドームでプロ野球なんてのは無縁になる。

「近くにある」「いつでも行ける」と思って、なかなか球場に行かなかったことを今さら悔みながら帰宅。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!