僕のように仕方なく東京暮らしを余儀なくされている津軽衆にとって、恋しくなるのは津軽ラーメンのように煮干の出汁が強烈に効いたラーメンだ。

浅草 つし馬浅草に、”中華そば つし馬”のラーメンがあるおかげで心が折れなかったというと大げさだが、東京生活に安らぎを与えてくれる存在であるのは間違いない。
海外赴任する外交官や商社マンだって、赴任先では自国の料理店がないか探して訪ねて行くというし、遠隔地で地元と同じ味が食べられる店の存在というのは重要なことだ。


僕が学生の頃と言えば、東京近郊で津軽ラーメンを食える店なんてのはほとんどなかった。
たまに見つけても「?」と思う感じの店だったり、なぜかキリタンポとか秋田料理を出す店だったりした。

津軽ラーメンじゃなくても煮干が効いたラーメンが食いたいなと思って、煮干で有名なラーメン屋に出かけてもお上品なお味で、期待しているような酸味とかえぐ味とか強烈な煮干風味とはかけ離れた店が多く、美味しいけど期待外れという結果が多かった。

美味い煮干ラーメンが食いたかったら、青森に帰省するタイミングにお気に入りの店に行くか浅草つし馬しかないと思っていたら、友人から『中野に美味い煮干ラーメン屋が何軒もある』という情報を聞きつけた。
かつては中央線ユーザーだったが、中野にそんなに美味い煮干ラーメン屋なんてあったっけと思いつつ、さっそく何軒か回ってみた。


takahashi 5large
弘前市のたかはし中華そば(左)、青森市のマル海(右)

津軽ラーメンを語る上で、外せない店として名前が挙がるのが弘前市のたかはし中華そばと、青森市のマル海かと思う。
「どちらも好きだ」と言う人もいれば、「たかはしは美味いがマル海はダメ」とか逆に「マル海は美味いがたかはしはダメ」と言う人、「どちらもダメだ」と言う人もいる。
このように、味覚は人それぞれなので、ブログで下手に書いて序列化してしまうようなことだけは避けたい。

序列化したランキングは食べログに任せておけばいいと思うので、あくまで、当ブログの記事は個人の感想として読んでいただければ幸いである。

まずは1軒目。
DSC_0337 DSC_0336

東京煮干屋本舗 クリックすると食べログに飛びます 

中野駅北口方面。
早稲田通りの新井交差点のすぐそば。
食べたのは「煮干らーめん」(ニボ増し)。
それでも津軽ラーメンほど煮干は強烈ではないので、煮干が苦手な人を煮干慣れさせるのに良いかもしれない。
(わたしの妻は煮干が苦手なので、早く煮干の世界に引き込まないとならないのだ・・・)

続いて2軒目へ向かおう。
DSC_0330 DSC_0333
これまた中野北口方面にあるのだが、ブロードウェイの東側を並行する飲み屋街、すごく雰囲気が良いのだ。
規模では新宿・歌舞伎町に及ばないが、中野ほど味のある飲み屋街はなかなかない。
2軒目はこの雰囲気の飲み屋街から折れた一角にある。

DSC_0333DSC_0322

五丁目煮干し クリックすると食べログに飛びます

「濃厚ど煮干しらーめん」を選択。
濃厚の名の通り、強烈な煮干の匂いが漂っている。
ただ、たかはし(弘前)の「中華そば」や田むら(青森)の「鬼煮干し」といった、津軽の濃厚な煮干とは全く別な感じがする。
濃厚煮干が大好きな津軽衆の中で、意見が分かれそうな「濃厚ど煮干し」味である。
周辺の雰囲気も相俟って、中野の街が放つ奥深い魅力に取りつかれそうになる煮干のお店だ。

では南口に移って3軒目へ。

DSC_0339158large

煮干中華そば鈴蘭 中野店 クリックすると食べログに飛びます

実は『中野に美味い煮干ラーメン屋がある』という情報をくれた友人が一番に推薦し、初めて行ったのはこの鈴蘭だ。
写真は「特製煮干そば」
これもまた、津軽ラーメンとは別の類ではあるが、煮干の風味は津軽ラーメンと同様に強烈に出ていて「中野に美味い煮干ラーメンが本当にあった」と驚いた店だ。
最初に鈴蘭に入ったから、中野のラーメン屋に通うようになったと言っても過言ではない。
ただ、三十路のオッサンの胃袋には、脂の攻撃力も強烈だ。
昔、たかはしを食った後に父親が「メバッテ、タガハシ食(ケ)バ腹アベ良グネグナルジャア」と、ぐだめいでらったの思い出したじゃ。

最後に4軒目。

DSC_0340DSC_0341
同じく南口の一角に店を構える、黒い壁やネオンサインが一見バーのように見えるのが4軒目のラーメン店だ。

DSC_0324


さいころ クリックすると食べログに飛びます

注文したのは「特製中華そば」
煮干の強烈さでいえば鈴蘭や五丁目煮干に比べると穏やかな感じもするが、食べた印象は一番津軽ラーメンに近いかなというのが、さいころ。
お肉がまた美味く、脂が多そうに見えてあっさりしていて、三十路の疲れた胃袋でも腹がもたれることがなかった。
酒を飲んだ翌日の昼に食べたくなる、貴重な中華そばだと思う。



こんな感じで、津軽ラーメンとは異なるけれど、煮干が美味いラーメン屋が中野駅周辺に集中しているのだった。
僕と同じように青森出身で東京に住まざるを得ない環境にある煮干好きが、美味い煮干ラーメンを恋しくなったら中野のラーメン店を開拓してみると楽しいだろう。
今の職場の周辺には豚骨系のラーメン屋しかないので、中野のように煮干が美味いラーメン屋が都内でもっと増えれば良いのにと思う今日この頃。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!