2005年のブログ創設当初に探索した青森県道269号増田浅虫線を、ほぼ13年ぶりに走行してきた。

2013年頃にも一度、平内町増田側の起点を訪れていたのだが、雨水の影響か路面が深く抉れ、見るからに通行不能な状態で通行止看板が出ていた。
2018年6月現在は、一般車両でもどうやら大丈夫なようだ。



YouTube [00:08頃]
動画冒頭、斜め右方向に分岐していくのは青森市道(農道?)で、旧浅虫中学校(新校舎)を経由して久栗坂方面へ通じる。
わざわざ旧浅虫中学校を(新校舎)としたのは、かつて1981年までは浅虫水族館などがあった付近に浅虫中学校があって、それ以降、久栗坂地区に新校舎を建築し移転した経緯があるからである。
浅虫中学校は2014年度をもって閉校、東中学校に編入された。

YouTube [00:48頃]
2005年当時はわかりにくい分岐だった地点に、←(269) 増田方面の青看が設置されている。
直進すると、浅虫川沿いの水田を抜け、平内町との境を目指して登りに差し掛かって終了する。

YouTube [03:07頃]
急傾斜ゆえに路盤の流出が起こったのか、シスイエース(木製路面排水工)のゴムが。
大雨時などの流水による洗掘を防いで路面を維持する効果があるというが、どちらかというと林道とかでよくみるもので、県道ではあまりみない。
どちらかといえば簡易な補修にあたると思うので、舗装化に向けた暫定的処置化もしれない。

YouTube [03:17頃]
斜面を登りきったところで、シスイエースの上部を再通過。

YouTube [03:45頃]
おそらく青森市・平内町の境と思われる峠。
浅虫川水系と小湊川水系の分水嶺となる。

YouTube [04:58頃]
舗装部に出る。およそ1.5車線。
2005年当時は未舗装だった。

YouTube [05:07頃]
舗装部は短く、ふたたび未舗装に。

YouTube [05:32頃]
舗装の平内町道に接続し終了。
この町道を左折すれば、平内町山口地区の国道4号に接続する。
右折すれば、平内町内童子地区に至る。

前述の久栗坂地区に接続する青森市道と、当県道269号、そして平内町道で、内童子外童子と経由して県道123号清水川滝沢野内線に出て、平内町松野木でかつての農道だった平内町道に接続し、農免農道馬門−松ノ木線とリレーすれば、青森市久栗坂から野辺地町枇杷野交差点まで国道4号を使わず行ける。

年に数回、事故や災害、イベントによる混雑等の突発的な理由で平内町の国道4号が大渋滞の際には、そこそこ使えるコースである。
県道123号清水川滝沢野内線は未舗装がかなり長いが、こちら県道269号は2km程度だろうか。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!