我が青森県は平均寿命が47都道府県で最下位という不名誉な状態にあるのだが、市町村別でみてみるとやはり県内でも差があり、男性でトップの三沢市(79.3)と最下位の平内町(77.6)で約1.7歳差女性ではトップのつがる市(86.6)と蓬田村(85.2)で約1.4歳差がある。

青森県内の市町村で地域性はあるのか、また、青森県と気候風土や食文化、産業構造、生活習慣等も似ている近隣地域と比較してみたいと思う。

対象としたのは、北海道の道南2振興局(渡島、檜山)と東北地方北部2県(岩手、秋田)だ。
ここに属する116市町村の男女別の平均寿命は、厚生労働省の「平成27年市区町村別生命表の概況」の発表値を基にした。

ただ、繰り返しになるが青森県内でもトップと最下位で2歳差もないわけで、実数で比較しても差異が分かり辛いと考え、偏差値で比較してみることにした。
詳しくは厚労省のサイトの数値を見ていただくとして、116市町村の平均寿命は男性が79.3、女性86.3であった。
これから求められる標準偏差は男性が0.68、女性が0.47と、やはり小さな値に。
渡島檜山青森岩手秋田男女別平均寿命
【図はクリックで拡大します】

色がとかに近づくほど偏差値が低い=平均寿命が他市町村より短い、ということになる。
逆に色がとか赤紫に近づくほど偏差値が高い=平均寿命が他市町村より長い、ということになる。

全体的に青森県が青っぽい。つまり寿命が短いということになる。
特に男性。


青森に次いで寿命が短いのは秋田県、その次が岩手県ということで、悲しいことに東北北部3県の男は早死に傾向があるといって差し支えないわけだが、それでも青森県で偏差値50に辛うじて届いたのは三沢市と新郷村のみ。
ちなみに自殺率は秋田が全国最悪で、その次が岩手となるわけだが、その2県と比べても青森が青い色を呈している図になってしまうとは……。

女性でみると、つがる市、おいらせ町、南部町、三沢市、十和田市、五戸町、野辺地町なども偏差値50に達していて男よりはマシな感じになっていて、どちらかといえば青森県内では南部の方が長寿命傾向があるかもしれない。
しかし、三戸町や田子町は短命傾向の青色を呈し、八戸都市圏と密接な関係にある岩手県の軽米町や洋野町あたりも偏差値50割れを起こしている。
地域性はあまり明瞭ではないのかもしれない。

最後に、男女人口比等を一切無視して(男性の平均寿命+女性の平均寿命)÷2で算出した男女平均寿命を偏差値化した図がこれ。
渡島檜山青森岩手秋田男女平均寿命偏差値図
【図はクリックで拡大します】

116市町村の平均寿命は82.8で、標準偏差は0.52となる。

やっぱり青森県が青っぽい。

秋田県で国立秋田大学医学部を擁する秋田市が比較的長寿命で、岩手県も私立の岩手医科大学を擁する盛岡市で長寿命傾向を示すので、医学部の存在も影響するかなと思ったが、北東北最初の国立大学医学部である弘前大学を擁する弘前市は短命傾向にあるし、医学部空白地帯である道南の各市両村は長寿命傾向にある。

地域で最先端の医療研究機関・臨床機関である大学医学部の存在があまり関係なさそうとなれば、やはり生活習慣などの文化が影響するかと思いきや、短命傾向を示す津軽地方と密接な秋田県大館市は長寿命の結果を出している。

わからん…!

とりあえず、人口の多い都市の平均寿命がのびれば平均値も底上げされるので、手っ取り早く短命県最下位脱出を目指すなら、青森市と八戸市と弘前市の平均寿命をのばす対策が必要になるだろうか。

偏差値で色分け図にしてみたら、青森の平均寿命の短さのヤバさがよくみえて、対策の重要性がよくわかった、という記事でした。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!