わがふるさと青森県津軽には、東津軽郡平内町内童子外童子西津軽郡深浦町大童子小童子という地名が存在する。

いずれも童子という地名に、接頭辞のように平内の方には「内外」、深浦の方には「大小」と、互いに反意の漢字を冠している。

童子という地名自体が国内にもそんなにあるわけでもなく(秋田県横手市に童子ヶ沢とか、愛知県江南市に赤童子とかあるようだ)、青森県に二組四地名もあることが気になったので、近所の図書館にいって地名の由来について調べて来た。
<東津軽郡平内町 内童子・外童子>

内童子の読み方は「うちどうじ」で、外童子の読み方は「そとどうじ」である。
知らなければナイドウジとかガイドウジと読んでしまいそうだが、接頭辞の「内外」はそれぞれ「うち」「そと」と訓読み。

まず書架から平凡社「日本歴史地名大系2 青森県の地名」を引っ張り出してみる。

内童子(うちどうじ)
東は外童子村、西は田茂木村、北は小湊村に接する。村名は童子村(どうじむら)であるが、外童子村に対して内をつけることがあった。

他にも何やらうにょうにょ書いてあるが、童子の由来については不明。
とりあえず、外童子を調べてみよう。

外童子(そとどうじ)
清水川の中流域に位置し、東は松倉山で助白井村と接し、南は山地、西は内童子村に接する。

ええっ!そんだけかい!
困ってしまったが、平凡社「日本歴史地名大系」の良いところは、各地域ごとの地名を羅列しているので、ページをめくって夜越山をみていると気になる一文が。

夜越山(よごしやま)
(略)やませのために凶作に悩まされ、伝説によると内童子の方にあった山を神様に頼んで夜のうちに移してもらった。続いてもう一つ移動させようとしたが、力持ちの童子が引き残したので夜越山というように(略)

やっと「童子」という言葉が出て来た。
伝説とはいえ山を引っ張るほどのパワーがあるのだから、普通の子供という意味の童子ではなく、仏教用語の童子だろうか。
あわせて、引ノ越山もみてみよう。

引ノ越山(ひきのこしやま)
(略)東北風を防ぐため、沼館村の夜越山を神様に引っ張ってもらい、引ノ越山は強力の童子によって移されるのを止めてもらったという伝説(略)

東北風というのは冷害をもたらす「やませ」のことだ。
この伝説に出てくる童子と関係があるのだろう。
DSC_1915
【写真はクリックで拡大します】
これが、山容が非常に特徴的な引ノ越山を南側から撮影した写真である。
この引ノ越山にやませがぶつかる外側、すなわち右側(東側)に位置するのが外童子(そとどうじ)であり、やませを避ける内側(西南側)に位置するのが内童子(うちどうじ)となる。
DSC_1911
【写真はクリックで拡大します】
こちらが外童子(そとどうじ)である。
平内町唯一の私立高校である松風塾高校(松緑神道大和山)の所在地であり、集落内で松風塾や大和山の看板をみかける。
DSC_1912
【写真はクリックで拡大します】
たしかにやませも吹く日はあるだろうが、里山の美しい村という風情である。
まさに正面の山が松倉山という所であろう。

DSC_1917
【写真はクリックで拡大します】
翻ってこちらが内童子(うちどうじ)
商店もあって、外童子よりも規模が少し賑やかな感じがある。
DSC_1916
【写真はクリックで拡大します】
下北交通の内童子バス停を撮影する。
引ノ越山の迫力、半端ないって。そんなんできひんやん、普通。


さて、地名を調べる上でもう一つ有名な角川書店「角川日本地名大辞典」にも目を通しておこう。

角川で内童子(うちどうじ)を検索すると、やはり「力持ちの童子」という一節が出てくる。
その上で、

(略)往古当地に弘法大使の作った不動明王像があり、左右に矜迦羅童子、制多迦童子の像を配していた(略)

という記述が!
やっぱり内童子、外童子とも童子の地名は仏教関係に由来するのか。

内童子外童子については何となくわかったぞ。
では、深浦の方に移ろう。
<西津軽郡深浦町 大童子・小童子>

突然ながら、平凡社の方でも角川の方でも共通することで、読み方の時点ではっきりしないのである(笑)
村名(邑名)としての大童子の読み方は「おどじ」とするようだ。

しかし、大童子村を検索すると共通して出てくるのが大童子川という河川名で、これには平凡社も角川もおおどうじがわとルビを振っているのだ。

村名(邑名)としては「おどじ」、河川名としては「おおどうじ」が正しいのか。
参考までに渓流魚釣りに出かける親族や友人に聞くと「おおどじ」とこれまた違った答えが返ってくる……
地元の古老に聞くのが正しい近道か。

それから、小童子の方は村名(邑名)として存在しないのか、平凡社でも角川でも「島村」の欄に河川名で小童子川として出てくるこどうじがわが読み方のよう。
渓流魚釣りに出かける親族や友人に聞くと、これまた「こどじ」と違った答えが返ってくるわけだが……

とりあえず平凡社「日本歴史地名大系2 青森県の地名」で調べると下記のような記述が。

大童子(おどじ)
北流して日本海に注ぐ大童子川(おおどうじがわ)の中流域にある。東西は山で、南は岩坂村、その上流に石動村(いしるぎむら)がある。「津軽一統志」によれば、慶長五年(一六〇〇)関ヶ原の戦で大垣城(現岐阜県大垣市)の攻撃に出陣した津軽為信の家臣の一人に「大童子村万五郎」がいる。
(略)元禄三年(一六九〇)赤石組に属し、大堂子村とみえ(略)

といった具合で、童子ではなく大堂子表記が出現する。
おや、漢字表記が確定していなかったのか。
角川をみると、
大道寺、大堂子とも

大道寺なる、また別の書き方が。

そもそも読み方が「だいどうじ」なのだが、津軽為信とか大道寺といえば、為信の次代の信枚によって津軽家に仕えることになった大道寺直英(元北条家臣)が連想される。
大道寺姓と地名との関係は不明だが、平内の内童子・外童子のような仏教用語としての童子との関連性はまだ見えてこない。

小童子の方をみていこう。
前述のとおり、島村の欄を。
島村(しまむら)
北は日本海に面し、道路が海岸沿いにほぼ東西に発達して、西は関村、東は柳田村に通じる。北流する小童子川(こどうじがわ)は島村を通って日本海に注ぐ。(略)

続いて柳田村の欄を。
柳田村(やなぎたむら)
北は日本海に面し、道路が海岸沿いにほぼ東西に発達し、東は支村の江沢、西は島村に通じる。北流して日本海へ注ぐ大童子川(おおどうじがわ)をさかのぼると大童子村(おどじむら)がある。(略)

こうやって書かれても地元民でもない限りは位置関係がわからないだろうから、地理院地図を加工した図を下に。
大童子小童子
【写真はクリックで拡大します】
小童子川沿いは確かに、人が住めるような土地がなさそうなんだよな。
小童子大童子から来ている地名と考えて良いだろう。

それにしても大童子の由来が分からん!
(まったく余談ながら、大童子の南の岩坂はコチラの記事で書いた小学校1年生の時のクラスメイトの女の子のお祖父さんお祖母さんが住んでいた集落だ。よく彼女と地元トークをしたものだ…)

ちなみにこれが小童子川を渡る国道101号金ヶ沢バイパスの橋。

ここは河口に近いのだが、流域に人の住んでいた集落のあった気配がとても感じられない。

で、こちらが大童子川流域最上流の集落・石動。

住所的にはもう深浦町に大童子という地名がないらしく(大字岩坂字大童子山はあるみたいだ)、ここ石動とともに岩坂の一部だという。

川があるから辛うじて残っているという感じの、大童子小童子の両地名。

軽く深浦町史に目を通した限りでは地名由来について書いてないし……
地元民に聞いてみようか。

読者の方でご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!