定期的に青森県旧67市町村の美味いものを記事にしていこうと思い、新企画を。

第一弾は五戸町の馬肉料理の店として知られる尾形から「桜鍋」を。

ogata

尾形はおいらせ町下田にも支店があるが、五戸の本店がやはり美味い。

一階が馬肉の販売を行う店舗で、二階にあがると「一戸」「二戸」「三戸」など旧南部領の「戸」の名を冠した和室が並び、南部の馬産地の雰囲気を感じながら桜鍋や馬刺しを食べられる。

鍋が到着すると、首都圏の食べ物に例えればラーメン二郎のような山盛りの野菜に圧倒されるが、煮込むうちに野菜の水分が辛めのスープになじんでちょうどいい塩梅に。

美味いんだなあ。

惜しむらくは、五戸町には鉄道がなければ青森市への直通バスもないことであり、私のような津軽衆が「今宵は尾形の桜鍋に舌鼓を打ちながら酒を飲もうか」とたくらむならば、五戸町か八戸市に宿を確保しておかねばならぬことである。




こんな感じで、旧67市町村の美味い食べ物を記事にしていく予定。
中には、もうお店が廃業して食べることが叶わないものも紹介していく予定だ。

次回以降もお楽しみに。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!