2017年11月に宗谷・留萌の旅を実施し、2018年1月に釧路・根室の旅を実施してから1年。
道北・道東に続いては道南。2019年1月30日、函館へ行ってきた。

<本館1階>
12:10〜
DSCPDC_0000_BURST20190130120126949
エスカレーターを上がると本館1階のエントランス前に出る。彫刻家・根本土龍による熊の像が買い物客を出迎え、見送る。
DSC_1898
反対側には花屋があった。首都圏の百貨店ではここに青山フラワーマーケットあたりが入っているのが定番だが、「ユウキ」という地元の花屋のようだ。そういえば青森のさくら野や中三にも地元の花屋が入っていたはず。
DSC_1899
本館1階フロアは百貨店らしく化粧品や宝飾品、女性服飾雑貨のテナントがズラッと揃っていたようだが、閉店に向けて既に営業を終えたように見える一角も。
DSC_1900
資生堂の化粧品売り場。天井の照明も特別仕様で華やかな印象を与えている。
DSC_1901
資生堂を過ぎると後ろから「最後だからご挨拶に来たのよ」と店員に話しかけるご婦人の声が聞こえて来たので振り返る。
常連のお客様と、長年お付き合いしてきたベテラン店員さんだろう。心なしか、涙ぐんでいたように見えた。
DSC_1902
百貨店あるあるな、1階フロア奥のATMコーナー。そういえば90年代の青森中三はフロアガイドで「CDコーナー」と案内しており、キャッシュディスペンサーコーナーなのだがコンパクトディスクを買おうと迷い込む中高生がよくいたものだ。
DSC_1903
もっとも、キャッシュディスペンサーは現金引き出ししかできないから、現金預け入れのできるATMとは機能的に異なるのだが。サラ金はともかく、CDも少なくなってきているような気がする。その横には2階に上がる階段。本館は昭和の風情が満点だ。
DSC_1904
2階へはまだ上がらずもう少々1階を見て回ろう。旅行用スーツケースも処分価格。ただ、お客は平日の1月30日(水)の昼間のせいか高齢女性が多く、スーツケースより普段使いのバッグ類の方が食いつきがよいみたいだ。
DSC_1905
フロアを一周してエスカレーターで2階を目指す。

<本館2階>
DSC_1906
2階もレディースファッションのフロア。しかし「婦人服&ランファンランファンって何だろうか?
DSC_1910
エスカレーターの踊り場には各階フロアガイドがあったので、拡大してみる。
ランファンってランジェリー&ファンデーションの略かいな。
DSC_1907
1階ほど賑わっていないようだった。
DSC_1911
さすがに女性用下着売り場をまじまじと眺めたり撮影する蛮勇ぶりは持ち合わせていない。
DSCPDC_0003_BURST20190130120520651_COVER
下りエスカレーターの踊り場。これは偶然か、上りの踊り場より賑わってる気がする。もしかすると駅に近いアネックス館から入ってくる若者客が上層階から降りてくるからなのだろうか。
DSC_1912
北側階段。あちこちに階段があって迷路みたいだ。棒二全盛期は迷子も多かったのではないか。
DSC_1913
廃止が決まった鉄道路線に押し寄せる鉄道マニアが「葬式鉄」と呼ばれるが、閉店が決まったデパートに来る私のようなデパート好きは「葬式デパートマニア」とでも呼ばれるのだろうか。すでに撤収済みのテナントの紅白幕を、鯨幕はさすがにないよなあ、と心の中で思いながら見る。
DSC_1914
さすがに私の世代ではカジュアルな服装で気軽にデパートに出かけているが、年配の方々の昔話では「子供の頃は○○デパートには正装をして出かけたものだ」などと聞くことがある。デパートはハレの場なのだ。たとえ歴史に幕を下ろす時でも、葬式とか鯨幕は合わない。
DSC_1908
では2階からエスカレーターで3階に移ろうか。

<本館3階>
DSC_1915
婦人服&特選プレタのフロア。プレタは何ぞや?
DSCPDC_0003_BURST20190130120702349_COVER
どちらかといえば2階よりも大人の女性向けのフロアになるようだ。そして例の「ランファン」はこの階にもある。
DSC_1916
がらんどうまで行かないが、テナントの棚が品薄になってきている感は出ていた。奥の方には既に営業終了済の紅白幕も見えている。
DSC_1917
品質的にとても良さそうな冬物のコートも割引セールで販売されているが、真冬に春物を売り真夏に秋物を売るように、ファッション業界では季節先取りがセオリーなのを考えると、これも棚落ち品なのだろう。
DSCPDC_0000_BURST20190130120747929
下りエスカレーター踊り場。やはり上から降りてくる客が多いような気がする。棒二森屋の顧客の回遊ルートとしてアネックス館から上層階の連絡通路を経て本館に移り、降りてくるというのがあるのかもしれない。
DSC_1919
このフロアは女性向けということもあってか、化粧室は女性専用しかなかったみたいだ。そういえば時分の幼稚園の時分、母親に連れられて来たデパートで女性トイレに入れられた記憶がある。男性用の小便器でおしっこが出来る年齢になっていたので女性トイレは嫌だったが、中に入ると男児用の小さな小便器があるデパートもあった。
DSC_1918
階段。なんとなく、その昔は階段の踊り場のベンチ脇に赤色の公衆電話があったような気配を感じるのは私だけだろうか。これを上がって4階へ行く。

つづく

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!