2017年11月に宗谷・留萌の旅を実施し、2018年1月に釧路・根室の旅を実施してから1年。
道北・道東に続いては道南。2019年1月30日、函館へ行ってきた。

前回までの(1) (2) (3) (4) (5)は、左記リンクへ。


<アネックス3階>
DSC_2002
アネックス館の4階以上は訪問済みなので3階に移動するが、ご覧の通りで殺風景なワゴンセールのフロアになっていた。そして撮影がしづらい雰囲気を察し、一気に2階に移動する。閉店時のフロアガイドでは「婦人服」のフロアだったようだ。
<アネックス2階>
DSC_2003
2階は地上玄関に近いせいか3階よりもだいぶ賑わいが感じられた。この奥は一応、立ち入り禁止ではないのだが薄暗い通路が続き行き止まりだった。
DSC_2004
化粧品や服飾雑貨のテナント。本館1階の化粧品売り場が資生堂とかの高級志向だったのに対し、こちらは若い女性向けか。
DSC_2005
Cafe NISHIMURAという喫茶店が入っていた。コーヒー豆のいい匂いがたまらん。
DSC_2006
後で知ったことだが、このカフェの壁にはアントニオ猪木のサインが書かれているそうな。全く関係ないが、小学校の修学旅行で函館から青森に帰る東日本フェリーで全日本プロレス御一行様と一緒になり、ジャイアント馬場と握手したのを思い出す。
<アネックス1階>DSC_2007
アネックス館も一通り見て最後がこの1階だ。はこだてスイーツ&Cafeのテナント。スイーツにいかせんべいがあるが、細かいことは気にしない。ラッキーピエロの棒二森屋限定グッズなども販売されていたようだが完売。
DSC_2008
そしてアネックス1階に入居しているみずほ銀行函館支店
に入る。ATMで預金引き出しだ。
DSC_2010
そして本館に戻ってワゴンセールの中から良さげな財布を買う。ただ写真だけ撮りに来るんじゃ迷惑客だ、何か買っておかなければ。
<店外退出、再び函館駅前>DSC_2011
棒二森屋を後にする。本館から南東側に出ると公園線で、これを北東へひたすら歩いていくと五稜郭公園に至る。ちょうどラッキーピエロがあったが、昼に函館ラーメンを食べたばかりなので今回はパスだ。
DSC_2014
その向かいに聳え立つのがボーニパーキングの立体駐車場だ。前回書いたが、函館駅前の大型駐車場ということでこちらは棒二から離れるが存続するという。
DSC_2013
しかし、函館に限らず釧路や、また本州の地方都市でも言えることだが、中心市街地の老朽化したビルが取り壊され空き地のまま放置されるというのが増えていくと、今後は駐車場ビジネスも明るくはないのかもしれない。
DSC_2016
閉店セール目当てなのか、平日日中だというのにボーニパーキングには車輌が殺到していた。JR駅前で市電も至便な場所だが、函館もやはりクルマ社会なのだな。
DSC_2015
駐車場の行列は海峡通り(国道279号)まで続いていた。むつ市はかつて百貨店を名乗ったマエダ本店と、もはや百貨店の体裁を失っている松木屋があるが、いずれも国道279号沿いではない。棒二森屋の閉店で、函館市から津軽海峡を越え野辺地町に至る国道279号沿線からデパート・百貨店が消滅することになる。
DSCPDC_0002_BURST20190130131118460_COVER
国道279号と連番で1つ若い国道278号側に出る。亀田半島をぐるっと回り森に至る国道だ。500mくらい歩けば、宇賀ノ浦と呼ばれる海沿いに出る。
DSC_2018
そしてこちら側には、やはり函館、ひいては北海道全体でも金融史を語る上では外せない北陸銀行(本店富山市)の函館支店だ。棒二森屋なきあとは、駅前の別なビルに移転するという。
DSC_2019
誇らしげに掲げられる北陸銀行の銘板。なぜ遠く富山の地銀が函館に、と不思議にも思うが、函館と北海道はもともと北前船による交易の盛んな地域同士であった。
DSCPDC_0001_BURST20190130131242078_COVER
北陸銀行が北海道で最初に進出したのは小樽支店で、函館においては弘前の青森銀行の方が先に進出したが、1年も経たず預金額で北陸銀行函館支店が逆転したようだ。青森を凌駕してしまうほど、函館と富山との結びつきは密接だったのだ。

北陸銀行函館支店前の歩道で流れていた街頭放送。北海道だと釧路や帯広、青森だと八戸で実施されているが、全国的にはあまり多くないようだ。この街頭放送もまた、函館に来たなと感じさせるものである。
DSC_2020
それにしても、函館の路面の滑ること滑ること……雪の量こそ青森より少ないが、函館の方が寒いせいかカッチカチに凍って表面が磨かれ恐ろしく滑るのだ。
DSC_2021
棒二森屋に行くという目的は果たされたが、ノープランの旅ゆえ時計を見ながら予定を決めなければ。函館駅前から函館山が見えたが、今回はどうしようか。最後に行ったのはもう10年以上も前なのか。
DSC_2022
TVのアナログ放送が終了し、地デジ転換した姿を見ていないが、今回は函館山はパスして市電に乗って函館の市街地を少し廻ることにした。
DSC_2023
駅前のドラッグストアのツルハではIC乗車券のチャージも出来るので、のど飴を買うついでに立ち寄りPASMOにチャージを試みる。ところが、中国人の店員さんが「PASMOはナンですか?」というので、「Kitacaならできますか?」と聞くと「キタカ??スイカですか?」とこれまた通じない。結局、店長がすぐ来てくれてKitacaにチャージできたが、PASMOにも出来るようだ。
DSC_2026
しかしいくら店員さんが中国人とはいえ、Kitacaも道都を離れ函館まで来るとこんな知名度なのか??札幌から来る出張客や旅行客も多いだろうに。函館駅前という土地柄か、もはや日本人より、中国や台湾からの観光客を相手にする商売に移行しているのかもしれない。
DSC_2028
そういえば函館市電はKitacaSAPICAといった道内のICカードではなく、まさかの九州は西鉄のニモカを採用したのだよな。店員さん、ニモカなら通じたのかな?
<五稜郭公園前電停へ>DSC_2027
JR釧路駅構内でも去年見かけたが、青森大学──それも薬学部の攻勢がすごい。失礼ながらFランクと揶揄されがちな私立青森大学にとっても、なんとか新設にこぎ着けた薬学部は目玉でありウリなのだろう。
DSCPDC_0003_BURST20190130134600727_COVER
市電湯の川行きは順調に進み、目的地の五稜郭公園前の電停に到着した。次のデパートを見に来たのだ。
DSC_2030
丸井今井函館店。棒二森屋なきあとは、函館で唯一の百貨店となる。
DSC_2029
函館の市街地は元町・末広町地区→駅前・大門地区→五稜郭地区と歴史的に推移してきているが、五稜郭の顔ともいうべき商業施設がこの丸井今井だろう。
DSC_2031
かつては小樽、室蘭、旭川、苫小牧、釧路にもあった丸井今井だが、倒産後は三越伊勢丹HDの傘下で別会社となり、現在も存続しているのは札幌と函館のみだ。東京の大学に進学し「マルイ知ってるか?」と言われ、「ああ、函館にならあったよ」とか「高校の時に行ったことあるよ」と間違った回答をしてしまったのは僕と北見出身の同級生の懐かしい思い出
DSC_2032
隣接するのは野村證券の函館支店だ。金融も一部はこちら五稜郭を函館の拠点としているようだ。
五稜郭地区の散策は次回としよう。

つづく

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!