青森市内で国道7号を走行していて交通情報の電光掲示板に「大〇」という地名が見えてくれば、大抵は大鰐大館である。
 これが「大〇市」とか「大〇市内」なら、大鰐は南津軽郡に属する町なので、十中八九、秋田県の大館市である。

今回出現したのは、なんと青森から1000km以上も離れた西日本最大都市!


 いつから表示されていたかは未確認だが、少なくとも6月20日には「大阪市内」の表示を見つけている。

 さすがにこれほど遠い地名を表示させるのは珍しいのではないか。

 この電光掲示板があるのは青森道 青森中央ICの数km手前だが、東北道で宮城県南部か福島県あたりまで南下すればお目にかかれる首都高速の交通情報だって青森で見かけることは皆無だ。
 青森から東京まで7時間以上はかかることもあって、移動中に交通状況も大きく変わるからだろう。
 東名高速中央道の集中工事車線規制なんて長期にわたる情報があるときでも、青森でそれらの名前を目にした記憶はあまりない。

 もし仮に、通行料金抑制などの理由で東北道を使わないで青森から大阪まで国道7号など無料道で向かおうとすれば、途中無料高速を使ってもノンストップで20時間はかかるぞ。
大阪青森
【画像はクリックで拡大します】

と、なかなか青森ではお目にかかれない珍しい遠距離地名「大阪」だが、札東名阪福の5大都市ネットワークのうち、阪札間の最短最速ルート上に青森はある、というのはなんとなく伝わってくる「大阪市内」表示であった。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!