青森県旧67市町村の美味いものを記事にしていく企画の第12回。

 前回のむつ市の「大湊海自カレー」を紹介したころ青森は真夏だったが、4か月も放置したら12月。そろそろ帰省する人たちも居ようかという師走にお届けするのは、鰺ヶ沢町の居酒屋良治の「ヒラメの出汁でとった良治のソバ」だ。

DSC_5723
 JR五能線・鯵ヶ沢駅の駅前エリアといえば、ショッピングセンター・パルをはじめ多くの商店・飲食店が並び、いわゆる西海岸(鰺ヶ沢、深浦、岩崎)で随一の商業集積地であろう。
 駅前エリアでひときわ目を引く4階建ての西海ビルにオープンしたのが、居酒屋良治。
 国道101号鯵ヶ沢バイパス沿いのスーパー「K2マート」や、五所川原ELMの鮮魚売り場「かさほう」で知られる葛法が手掛けているそうな。
DSC_5719
 美味いんだなあ。
 同じ葛法系の「K2マート」の中にあるソバ屋は以前から評判が良い。
 店員氏は「ラーメンの方が人気はある」と笑っていたが、ラーメンではなくソバの方のランチメニューとした。
 鰺ヶ沢が売り出し中のヒラメの漬け丼も、良治オリジナルで美味しい。
 



 「居酒屋良治」というくらいなのだから、いつかは夜に酒を飲みに行きたいもの。
 葛法がやってる店だから、魚の味は間違いないだろう。

DSC_5722
  さて、「居酒屋良治(りょうじ)」という響きからは否応なしに高倉健主演の映画「居酒屋兆治(ちょうじ)」(原作・山口瞳)が連想されてしまうところ。
 何かあやかろうとしたのだろうかと思いつつカウンターを見上げれば、東京都内で行列が出来る某ラーメン屋のカップラーメンが。
 私の知るところでは、都内のそのラーメン屋の店主は鰺ヶ沢の某中学校の野球部出身のはず。
 こちら「良治」の店主とも野球を通じたお知り合いだとすれば、高倉健が演じた「居酒屋兆治」の主人公・藤野英治とは「野球部出身」という縁まで見いだせるわけだが。
 長く続いてほしい、そう思わせる店だ。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!