函館山の函館送信所の地デジを青森市で受信する場合、海上伝搬(+海面反射波)による直接受信が常識的なので、「山岳回折で受信する」と言えばインターネット老人世代ならミルコクロコップの「お前は何を言っているんだ」みたいな反応になると思うのだが。

 海上伝搬の直接受信の場合は海面反射波がどうしてもフェージングの原因となるので、雲谷あたりで直接受信でフルセグ受信がガンギマリ状態でいても、突然フェージングでワンセグに転落したりする。
 アナログ放送時代はモヤヒルズ斜面に受信点があった青森ケーブルテレビの区域外再放送でもフェージングで突然映像が乱れることがあり、特にUHBよりTVhがフェージングで落ちていた記憶がある。
青森市東部UHB受信電界強度
 Radio mobileでシミュレーションすると(260度方向にコーナーアンテナで送信)、青森市内でも結構望みがありそうに見えるが、実際にこんなに上手くいかないのは経験者ならご存じだろう。
 
 以前、障害物のようで障害物ではない白神山地という記事内で、電波の見通し距離の計算について触れたが、函館山の函館送信所の場合、受信側の標高が10mの場合で見通し距離は93kmである。
 青森市の場合、青森湾に面した青い海公園(標高)でも函館山から103kmの距離がある。
 すなわち、後潟など北部を除き、青森平野のほとんどの地域では10mの高さにアンテナを置いても函館山の地デジは基本的には受信できないのである。
 安方など沿岸市街地のマンションやビルには今も函館向きのUHFアンテナが散見されるが、建物の高さが35mあって見通し距離104.7kmを稼げれば受信の見込みはあるだろう。ざっくり1フロア3mと考えて、市街地で12階建て以上のビルなら函館の地デジが受かるかもしれない(保証はない)。
 黎明期の青森ケーブルテレビがUHBの受信点を置いていたホテル青森の高さと同じ「64m」が受信高なら、函館山からの見通し距離113kmを稼げるので、青森市内でも可能性は高くなってくるが、今度は野辺地町の上北中継局の電波も到達するようになるので、函館と上北(野辺地)で同一周波数の局は受信難易度が上がってくる。
昭和大仏周辺受信電界強度
 前置きが長くなったが、今回は青森市内のわずか標高25mの地点で函館山の地デジの受信に挑んだ。
 受信地は、函館山から104.6kmの青森市桑原の昭和大仏の裏手である。
 受信高が25mだと函館山送信所からの見通し距離は100.9kmしかなく、基本的には電波は水平線で遮られ青森市まで届かない。同じような標高では幸畑の松元台団地の上の方が25m前後であるが、松元台やその上の幸畑団地でも地デジの函館の受信は実際ほぼ絶望的になっている。
 桑原周辺はRadio mobileでシミュレーションしても、幸畑や松元台よりもっと望みが薄そうな水色になっているわけだが、どうだろうか。

青森市桑原 昭和大仏山手受信点(2020年2月1日)
g
NHK総合函館
物理ch=18ch
レベル:5
e
NHK Eテレ函館
物理ch=14ch
レベル:10
s
STV札幌テレビ
物理ch=15ch
レベル:5
DSC_6718
昭和大仏山手受信点写真
(青森市桑原山崎)

 受信できないはずの函館の地デジ、ワンセグ復調せずとも3局でアンテナレベルの数値が出た。

 同程度ないしもっと標高の高い幸畑や松元台で受信実験しても、全局アンテナレベル0に抑え込まれてしまうのだ。
 復調こそできなかったが、なぜ桑原で反応があったのか。

hakodate-shouwadaibutsu
 そう、鶴田でAKTを受信するのと同じように、山岳回折利得を確保できたからである。

 下北半島のまさかりの刃の下に尖った部分、脇野沢の穴間山(標高298m)付近の険しい地形の回折を利用したのだ。
 秋田大森山-鶴田間の陣場岳のように回折回数1回できれいに決まっていないが、穴間山周辺の陸地で回折した微弱波が間違いなく届いているのだ。

wknsw
 おおむね、青森市原別より東側の地域であれば、脇野沢の穴間山付近の山岳回折利得は発生するようだ。
 アナログ放送時代に、幸畑団地より標高の低い戸山団地でもUHBTVh(ABA開局前はHTBも)の受信世帯があり、幸畑も戸山も映り具合はあまり変わらなかった(どちらもカラーで映っていたが、ノイズあり)ように思うのだが、戸山も九艘泊の貝崎付近で回折が決まっていたのかもしれない。
 幸畑団地の標高は幸畑1丁目のローソン青森大学で約30m、青森幸畑郵便局で約45m、幸畑4丁目の住宅地の最も奥で約70m。
 対する戸山団地の標高は蛍沢1丁目のジークフリートで約11m、蛍沢3丁目の青森戸山郵便局で約19m、月見野1丁目の最も奥で約53mである。

 ともあれ、これが地デジの遠距離受信として実用的かと言われれば「NO」と言わざるを得ないが、たまには「復調できなかったが微弱波は来ている」という情報も記録しておきたい。
 
blog_rankingクリックでブログランキングに投票!