青森県旧67市町村の美味いものを記事にしていく企画の第23回。

 国道45号沿いで約40年営業しているらしい、子供の頃から気になる店に意を決して突入すると、そこはスタミナ全回復スポットだった。

DSC_3203
 青森の県南最大都市の八戸と県南第二都市の十和田の間の国道45号は交通量が多く、そして色々な飲食店が点在している。店の種類もチェーンの牛丼屋からラーメン屋、相撲茶屋などバラエティに富むラインナップだが、中でも六戸の店名がひらがなの「たかし」は子供の頃から気になっていた。

DSC_3198
 焼肉屋に昼から一人で入るのは少々ハードルが高いが、「たかし」の看板にはラーメンの文字も躍っているので、いざとなったらラーメンにエスケープできると踏んで突入すると、なんとランチ限定(14時まで)の「カルビ定食」が980円ポッキリである。焼肉屋なのだから、ラーメンよりカルビ定食で焼肉にしよう。

DSC_3200
 頼んで2、3分くらいで1人前にしては盛りが良いカルビと美味そうなキムチと焼肉のたれの瓶が出て来て、肉を焼き始めるとこれまたボリュームある丼の白飯。
 肉が焼ける前にキムチでご飯を食うと、酸っぱすぎず甘すぎず、辛さが丁度いい味で、久しぶりに美味いキムチを食った感じがした。

DSC_3202
 うまいんだなあ。
 カルビが焼けたので白飯と一緒にかきこむ。美味い。たれが少し甘口な感じがして、キムチを載せて食ったら絶妙!これは美味え!この焼肉のたれはキムチに合わせたチューニングだったのか。こいつは白米が止まらない。

DSC_3201
 980円くらいの値段でランチを出している焼肉屋は割とあるのだが、ご飯の盛りが女性サイズだったり他の肉ももう一皿頼まないと腹いっぱいにならない量だったりする所もあると思うが、「たかし」はカルビも白飯も盛りが良く、ガッツリ満足である。

 八戸青森間のE4Aには飯が食えるSAPAもないし、いつまでたってもETCに対応しない第二みちのくもなんかアレなので、昼飯時なら下田百石IC六戸三沢ICの間は下道に降りて「たかし」「カルビ定食」が俺のルーティンになりそう。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!