陣場岳の山岳回折ルートの推定電界強度図を作成した前回の締めにて、「津軽平野にAKTワンセグを山岳回折で伝搬させる山は陣場岳だけではない。(中略)他の山のシミュレーションも実施していく予定だ。」と書いた通り、Radio mobileによる山岳回折の電波伝搬シミュレーションをシリーズ化する。

 詳細は前回を参照頂くとして、山岳回折が成立していることを確認した山を中継局に見立ててシミュレーションするのである。

 今回の対象は秋田県藤里町の小岳(標高1042.5m)
 青森と秋田の県境からわずかに200mほど秋田側に位置する山である。
 秋田市の大森山にある秋田テレビ(AKT)の秋田局(親局)からの方向は約7.1度方向。

 小岳を仮想・小岳中継局と見立て、周波数521MHz(最小周波数518MHz、最大周波数524MHz)、送信高1042.5m、送信方向7.1°(角度1°ズレで-10dB、2°ズレで-20dB)、実効輻射電力0.3Wにて津軽方面へAKTの電波を出すシミュレーションを実施した。

小岳山岳回折推定電界強度図
【画像はクリックで拡大します】

 今回も自画自賛してしまう出来栄え。

 岩木山の西側を北上し、鰺ヶ沢町付近で日本海に抜け、旧市浦村脇元と旧小泊村下前の間を通り、竜飛崎に近い龍泊ラインの辺りまでを上手く表現できたか。

 津軽平野部での受信には寄与しないが、秋田から遠く離れた津軽半島北部・市浦の脇元や小泊の龍泊ラインで秋田局のワンセグ復調を確認できており、飛距離は陣場岳の山岳回折を凌ぐものがある。
 では、拡大していこう。
小岳山岳回折推定電界強度図(岩木山西方)
【画像はクリックで拡大します】

 まずは岩木山西部の状況から。
 旧岩木町の枯木平(住所でいえば常盤野上黒沢)フルセグ復調の可能性が高い36〜42dBμV/mの萌黄色の地点があるが、人家がある集落部では一段階下の30〜36dBμV/mの黄緑色である。
 鰺ヶ沢町の第二松代方面から県道3号で百沢方面へ向かうとき、秋田局がワンセグ復調するのは確認できていて、可能性はあるとみている。
 枯木平の北側には二ッ森(612m)や若木森(544m)があり、鰺ヶ沢町第二松代方面では厳しそうだが、むしろこちらには北海道の渡島福島局が受信可能な地点があり、テレビ東京系まで見れてしまう素晴らしい地域になる。うらやましい。
小岳山岳回折推定電界強度図(下前脇元)
【画像はクリックで拡大します】

 今度は一気に北上して旧市浦村脇元から旧小泊村下前付近の拡大。
 脇元のサマーハウスでは過去に車載テレビ(Panasonic製ストラーダ)やガラケーでAKTワンセグと、今はなきアナログ放送時代のAKT秋田局37chもノイズ混じりながら受信できることを確認している。
 しかし、脇元の集落で地デジのAKTが受かるかというと相当厳しいと思われる。伝搬路の中心部から外れる上に、そもそも陣場岳と異なり小岳の場合は回折回数が複数になってしまい、伝搬路のど真ん中でも電波の強さも品質も厳しそうなのである。
 旧小泊村の下前の集落も同様に厳しそうである。
 小泊はかつて村役場のあった小泊地区では北海道の渡島福島局を受信できるのに対し、峠を隔てた小泊半島南岸の下前では渡島福島局の受信が不可能で、小岳西方の青鹿岳を含めて山岳回折で秋田局受信に光明を見いだせないかと期待したのだが残念である。
 それでも局地的には30〜36dBμV/mの黄緑色の場所に建つ建物もあり、希望はゼロではないだろう。
小岳山岳回折推定電界強度図(龍泊)
【画像はクリックで拡大します】

 最後に龍泊ライン付近を。
 基本的に旧小泊村の小泊以北は渡島福島局が受信できるので秋田局を受信する必要性はほとんどないのだが、過去に国道339号龍泊ラインにて秋田局や鶴岡局をワンセグ受信できる地点を何か所か見つけており、一応見ておくとやはり小岳の山岳回折でワンセグ受信なら望めそうな地点が広がっていた。
 今回、シミュレーションはしなかったが、龍泊ラインの場合は地形的には鶴岡局の方が条件は良いかもしれない。
 というのは、龍泊ラインの場合は鰺ヶ沢町と西目屋村と藤里町の3町村境の北東1kmくらいに位置する966m高地周辺が鶴岡局の山岳回折点となり、回折回数1回で伝搬するからなのである。
 陣場岳の山岳回折ルートでは秋田局も鶴岡局も到来方向は非常に近似しているが、小岳の回折ルートは秋田局と鶴岡局の方位角度差が大きく、同じ地点で両方を受信できても、まったく違う山から伝搬してきた電波をとらえていることになるのだろう。
要注意!! 受信の可否を保証するものではない

 今回も重要なことなので書いておくが、Radio mobileでのシミュレーション結果と実際の伝搬状況が一致しているとは限らない。

 シミュレーション結果からは有望と考えられても、実際には空振りに終わる可能性もじゅうぶん有る。
 

 小岳は飛距離こそあれ、陣場岳のルートほど期待できないと思われるが、ルート上に人家がある場合はFM秋田82.8MHzの受信状況や、カーナビなど車載テレビでAKTワンセグでも受信できないか試す価値はある。
 
blog_rankingクリックでブログランキングに投票!