いつものようにフジ系・秋田テレビ(AKT)の電波状況をチェックしていた時、大変な状況になっていることに気が付く。

antlv
【山形は青森の隣接地域なのだろうか】

 山形テレビ(YTS)テレビユー山形(TUY)「☆B判定」に。

 とうとう異常伝搬による山形復調を目の当たりにする時が来たらしい。
 山形の鶴岡中継局がある高館山から当地は約230kmの距離があるが、これも陣場岳の山岳回折が成立する地理条件にあり、秋田の大森山と方向はほぼ同じであるためAKT受信用のLS206TMHに山形の微弱波も入ってきてワンセグはほぼ常時受信可能であるのは確認済み。

 ということは、同じ物理チャンネル(周波数)を使用するYBCNHK青森に、Eテレ山形ABAにどのような影響を与えるのか確認しなくてはならない。
 今回はいつもと異なり、物理ch順に青森5局と秋田3局、山形(鶴岡)4局の各局の状況を記録した。

青森・秋田・鶴岡12波受信データ(2021/4/11)
FEM表示画面表示値
041113Eテレ青森
Freq=473MHz(13CH)
AntLV=64
POWER=-19dBm
C/N=24dB
BER 0.00E-0
041116NHK青森
Freq=491MHz(16CH)
AntLV=59
POWER=-17dBm
C/N=22dB
BER 1.00E-6
041118山形テレビ(YTS)
Freq=503MHz(18CH)
AntLV=55
POWER=-41dBm
C/N=21dB
BER 1.55E-3
041120テレビユー山形(TUY)
Freq=515MHz(20CH)
AntLV=50
POWER=-43dBm
C/N=18dB
BER 7.13E-3
041121秋田テレビ(AKT)
Freq=521MHz(21CH)
AntLV=50
POWER=-48dBm
C/N=19dB
BER 3.10E-4
041127さくらんぼテレビ(SAY)
Freq=557MHz(27CH)
AntLV=35
POWER=-49dBm
C/N=13dB
BER 2.20E-2
041128青森放送(RAB)
Freq=563MHz(28CH)
AntLV=78
POWER=-19dBm
C/N=29dB
BER 0.00E-0
041129秋田朝日放送(AAB)
Freq=569MHz(29CH)
AntLV=50
POWER=-43dBm
C/N=19dB
BER 3.91E-4
041130青森テレビ(ATV)
Freq=575MHz(30CH)
AntLV=82
POWER=-20dBm
C/N=32dB
BER 0.00E-0
041132青森朝日放送(ABA)
Freq=587MHz(32CH)
AntLV=81
POWER=-19dBm
C/N=31dB
BER 0.00E-0
041134NHK山形
Freq=599MHz(34CH)
AntLV=36
POWER=-55dBm
C/N=13dB
BER 2.20E-2
041135秋田放送(ABS)
Freq=605MHz(35CH)
AntLV=37
POWER=-53dBm
C/N=14dB
BER 2.20E-2


 ABAは影響があまりないようだが、NHK青森はBERがE-6に悪化していた。
 現在進行形で目撃したわけではないが、NHK青森のアンテナレベルが12まで落ちた記録もあり、映らなくなってしまった瞬間もあったのだろう。
 これがYBC鶴岡局の混信が原因なのかは確実ではないが、馬ノ神山の親局が目視できるほどの距離でNHK青森のBERがE-6というのはやはり同じ16chのYBC鶴岡局が混信の可能性はあるのかもしれない。
 C/Nも22dBしかなく、かなりN(ノイズ)が多い状況なのだろう。

 ABAと同じ32chのEテレ山形鶴岡局は実効輻射電力(ERP)が5.1kWで、YBC鶴岡局の7.2kWよりはだいぶ弱い。これが、無事に映るABAと影響を受けるNHK青森の明暗を分けたかもしれない。

0411yts
YTS受信画面
0411tuy
TUY受信画面

 2つ隣の県の放送を受信するというのは不思議な感覚だ。
 青森県で山形の地デジのフルセグを受信するのは初めてではないが、固定受信では初めてである。

04111430epg
【青森と山形が並ぶEPG】

 我が家は何県にあるのだろう。

 本命のフジ系・AKTも問題なく映っていたので、今回は山形の飛来を純粋に遠距離受信のイベントとして楽しめた。庭に出るとさくらんぼテレビワンセグなら受かっており、例のWilliam R. Hepburn氏のサイトによれば、どうも強くはないがラジオダクトが出ていたらしい。

toropo202104111800
 この程度でも山形テレビ(YTS)テレビユー山形(TUY)が受かってしまうとは、真夏の最強レベルのダクトが発生した際はどうなってしまうのだろうかという不安もある。
 教科書的にいえば秋田の遠距離受信をするのが良くないのだろうが、みすみすフジ系・AKTを捨てるのももったいないので、山形とうまく付き合うしかないのだろう。

 最後に一つ余談。

g
 秋田のGガイドch、「8ch」なんだな。

 秋田県はTBS系列局がないので、フジ系・AKTがGガイドの放送を担当しており、268chではなく288chになることに今さらながら気が付いた。
 TUYが受かって、268chにも枝が付いたが、それ以上に288chに笑った遠距離受信の一日である。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!