前回、「別の重複が起きているらしい」と記した件の結果が本題である。

DSC_2471
【女の子の子 ノコギリクワガタ ガタガタ朝方見つけたよ】

 午前3時に起床して意気揚々とaikoの「カブトムシ」を聞きながら採集地に向かうも、結果は50TA「ノコギリガール」であった。どうやらカブトムシを採って道の駅に卸している者がいるらしく、カブトムシは最近みかけない。

20210725_ANTLV
AABも放送休止だが29chは何か反応がある】

 帰宅してアンテナチェックをしているとEテレ青森が放送休止中ということで、E判定となっていた。

 そしてAKTA判定でレベル70という凄い数値に。
 AKTは勝手に我が家の令和新局と思っていたが、もはや地元局か!

akt27
秋田テレビ(AKT)
AntLV=72
POWER=-42dBm
C/N=27dB
BER 0.00E-0


 すげえ!と驚くと同時に、ある疑念が。
 Eテレ青森の上北烏帽子中継局21ch(出力=10W、実効輻射電力=540W)が休んでるから?


kmkt
【上北烏帽子→当地の伝搬路地形断面図】

 というわけで5時30分のEテレ青森の放送開始を待つことに。
 AKTはC/Nが25〜28くらいを推移していたが、Eテレ青森にカラーバーが出ると、C/Nは20にガクンと落ちた。

 ラジオダクト気味なので何とも言えないが、青森局向のスカイウォーリーにEテレ青森の上北烏帽子中継局の微弱波も入ってきており、どうもAKT秋田局21chとケンカになるらしい。

 アンテナ設置時LS206TMHに21chのバンドパスフィルターを入れようとしてやめた経緯があるが、それよりスカイウォーリーに21chのバンドカットフィルターを入れてEテレ青森上北烏帽子局STV札幌局といったAKTと同一周波数の波を遮断する方が良かったのだろうなあ。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!