先日書いた、青森から花輪SA松屋まで1時間45分もかからないの記事へのアクセスが良い。

 いつも津軽SAみたいな閑散とした当ブログのコメント欄が久々に賑わう様相を示しており、その中で三陸道氏から

八戸からでも1時間半
盛岡より若干近いですね

というコメントを頂いた。

 それに対する返答とも重複するが、花輪SA松屋は上り線側(青森→東京方面車線)にしかないので、八戸から行くと十和田ICで一旦降りてUターンしないといけないので、微妙かなとは思っている。

 ただ、やはり道路交通センサスいじって記事化するとブログへのアクセスが良いので、八戸Jctから花輪SAまで行くパターンと、盛岡ICまで行くパターンの比較を、国土交通省の2015年の道路交通センサス(平成27年度 全国道路・街路交通情勢調査)を用いて行った。

hachinohehanawa
【画像はクリックで拡大します】

 出発側の八戸市だが、E4A 八戸ICのほかにもE4A青森方面E45も市街地にアクセスが便利なインターが複数あるので、起点を八戸Jctに設定した。

 対する盛岡だが、岩手県に3店舗の松屋はすべてが盛岡都心部にあるので、最寄りの高速ICとしてE4 盛岡ICを基準にした。

 E4 花輪SA方面は十和田ICでUターンする関係で、本当は上下線別々の平均旅行速度を用いて算出しないと正確ではないが、計算を簡略化するため上下平均値とさせていただいた。

八戸から最も近い松屋は?距離平均旅行速度所要時間
八戸→安代→十和田→花輪(往路)112.5km90.4km/h1時間14分42秒
八戸⇔盛岡115.5km91.4km/h1時間15分48秒
花輪→安代→八戸(復路)94.7km90.6km/h1時間02分42秒
(いずれも平均旅行速度は国交省の平成27年道路交通センサス昼間12時間の数値を使用)

 確かに八戸から一番近い松屋花輪SAだな。

 八戸から花輪SAへの往路で見ると、盛岡ICまで行くのと比較してアドバンテージは大きくないが、復路は十和田ICを経由せず八戸へ直行できるので、総合的に見ると八戸も最寄りの松屋花輪SAだ。
(新幹線とか公共交通機関で行くなら盛岡だろう)

 ちなみに、しらべぇ根拠不明の例の図では盛岡から花輪SAへの所要時間は1時間30分とのことだが、センサスで計算すると1時間04分12秒。
 盛岡の都心から盛岡ICまで平均して25、26分もかかるだろうか…とは思うが、青森の1時間45分という明らかにおかしい値に比べればまともな値だろう。

 松屋だけのために高速道路を使うというと笑われそうだが、花輪SAへの出店は青森、弘前、大館のみならず八戸まで最寄り店舗となる位置になるのだから、やはり進出位置として絶妙というほかない。
 松屋、早く青森県にも来てくださいね。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!