テレビにアンテナレベルの測定機能が無い車に乗り換えてから移動受信はあまりしていなかったのだが、虫の知らせというか何というか。
 青森市内では貴重な函館局フルセグ受信が可能なモヤヒルズに久々に行ってみると前代未聞の事態になっていた。
DSC_2786
【新型コロナウイルス感染拡大防止のため9月は立入不能】

 モヤヒルズの入口が鉄パイプで封鎖されているではないか!

 震災後に所有者の光洋タクシーがホテルヴィラシティ雲谷の構内を封鎖してしまったのもショックだったが、いやはや青森市がモヤヒルズを封鎖するとは。
 まさか放送波の受信までコロナを理由に県境越えを許さない時代になったのか()。

DSC_2787
【ヴィラシティ雲谷の廃墟と北海道方面の眺め】

 ホテルヴィラシティ雲谷の駐車場は青森市の夜景を眺めるには絶好のロケーションであり、願わくば再開放してほしいと思うのだが、光洋タクシーの立場で云えばカーセックスする奴や遠距離受信する変態しか来ないんだもん」と閉鎖してしまうのも理解できる。
 俺もヴィラシティ雲谷に泊まって遠距離受信をしなかったことを反省しているので、2008年の年末の夜に俺の隣でズッコンバッコンとリズミカルにbBを揺らしていたカップルも「クルマでなくヴィラシティでヤれば良かった」と反省しなさい。そして青森市の遠距離受信と少子化対策のため、俺と連名で小野寺市長にヴィラシティ雲谷の市有地化と整備を要望しよう。
◆ 青森市で函館局遠距離受信はなぜ廃れたか

 3月に電波の見通し距離計算で、青森市での北海道遠距離受信可能性を探るって記事を書いたのだが、青森市は地理的に函館局の電波の「見通し外」になって受信不能となってしまうので、受信不能というケースがほとんどなのだ。これが青森市で函館局遠距離受信が廃れた最大の理由。

電波の見通し距離
 まあ、この計算式の通りです。

 で、青森県内に系列が無いフジ系の北海道文化放送(UHB)テレ東系のテレビ北海道(TVh)青森ケーブルテレビ(ACT)に加入すればあずましく映ると。
 昔はACTに課金してセットトップボックス契約して「23ch(晩年は47ch)」とか「45ch(晩年は46ch)」が映るようにしないとUHBTVhも見れなかったが、今は地上波の供給がACTというアパマンや一軒家も増え、無料で県内の放送局と同じようにUHBTVhも見れる家もあるという素晴らしい状態である。ACTのエリア内ならインターネットのみ契約すれば地上波のUHBTVhも無料で付いてくるのだから、遠距離受信する必要が無いのだ。

──同じ見通し外受信でも海面反射が難しい理由のヒントを見つけた

 津軽平野の当地では陣場岳の山岳回折で秋田から飛んでくるAKTの遠距離受信をしているが、これも「見通し外受信」である。
 青森市街でも函館局をワンセグ受信に持ち込むことは出来うるが、これは見通し距離の限界に位置する陸奥湾の海面で反射した微弱波が飛んでくることによるもの。

 山岳回折海面反射も、見通し限界の先に電波をパスする効果は共通するが、海面反射の場合は常に反射点が動くのが痛い。
 常に不動の山を利用した山岳回折と異なり、波浪や潮汐作用で海面の反射点は絶えず動きまくるのだから、安定して電波が飛んでくるわけがないのだ。

kaijoudenpan aomori
 電波の見通し距離計算で、青森市での北海道遠距離受信可能性を探るの記事で、『函館局から見通し距離がギリギリだと青森湾や青森市街地の低い所──すなわち海面や地面のすれすれを電波が飛んでくるわけだが、それだと海上の船舶や高波、青森市街地の建築物や都市型ノイズなどの影響をもろに受けてくることになる。』と書いて、「見通し距離内にあっても、距離的にギリギリでクリアしているような地域は不可能」としたが、これを補強するデータも見つけた。

DSC_4298
【本州最北端の地 碑】

 2019年8月に記事化した大間で函館波受信で触れた、地上デジタルテレビジョン放送の津軽海峡対岸中継に関する調査研究会(2002)「地上デジタルテレビジョン放送の津軽海峡対岸中継に関する調査研究」を読み返すと、大間ではフェリーの着岸・離岸時に函館局の電界強度が落ちるというデータも出ていて、フェリーが通過するくらいでも電波は弱まるのである(大間は函館から近いので、多少電界強度が落ちても受信に影響はないが)。
 沿岸部に高層建築物がほとんど無いに等しい大間でもフェリー程度の大きさの物体による影響があるのだから、陸奥湾沿岸部に高層建築物が建ち並び、青森港内を船舶が多数行き来する青森市では、海面反射波どころか直接受信でも函館局の受信は難しいのである。

 『SLUM DUNK』の安西先生の「あきらめたらそこで試合終了」は金言であり遠距離受信をたしなむ者として胸に刻んでおきたいが、湘北高校だって海南大付属には競り負けたし、愛和学院にはウソのようにボロ負けした。
 アナログ時代は何とかなったので地デジも希望がありそうに思うが、ゴリだと思ってパスを出したら海南の高砂だったってくらい海面反射は裏切る。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!