青森県でフジテレビ系の地上波が受信可能な市町村をまとめることにしました。

 高い山の上での受信や、航空機内での受信、異常伝搬時のまぐれ受信、ワンセグしか映らない例は除きます。
 人が暮らす集落、住宅地、商業地や工業地でのフルセグ受信が確認された市町村を当ブログでは「フジテレビ系受信可能市町村」と定義します。

 当然ながら、「フジテレビ系受信可能市町村」でも全域で受信が可能なわけではありません。
 それでも、受信不能だと思われている市町村の中にも、実は受信ができてしまう地域も広く存在していることを知っていただければ幸いです。

青森県フジ系受信可能市町村図
【クリック/タップで拡大します】

 地デジ化以来約15年におよぶ当ブログの実測調査から、申し上げます。

 青森県は平成の大合併前の時点で67の市町村がありましたが、北海道文化放送が受信可能な地域が存在する市町村は16市町村に及びます。
 このうち、むつ市と下北郡東通村には北海道文化放送のみならず岩手めんこいテレビの受信が可能な地域も存在します。

 受信は無理だと決めつけの声が多い津軽地方はどうでしょうか。
 秋田テレビが受信可能な地域が存在する市町村も12市町村に及びます。
 北津軽郡(旧)中里町、同郡鶴田町、西津軽郡(旧)稲垣村では北海道文化放送の受信可能地域も確認されています。

烏帽子岳 山岳回折推定電界強度
【画像はクリックで拡大します】

 弘前市でも秋田テレビの受信可能地域が市街地に広がっています。
 弘前市でも三和岩賀・大久保藤野1丁目などで受信可能であることは確認済みです。

 奇しくも今夜、サッカーワールドカップの8強を懸けた日本対クロアチアがフジテレビ系での放送となりますが、ネットを見ていますと、12月だというのに夏でも登頂難易度の高い山に登って「自力でアンテナを立てろ」という荒唐無稽な─否ただ弘前市民を馬鹿にしているだけの書き込みもあります。
 青森県遠距離受信界のトップランナー・弘前タワーさんが活躍されていた頃、心無いネット民が「リンゴのふじでも見てろ」と書き込んで攻撃していた時代から、外野のレベルは変わっていません。ドーハの悲劇(地上波ではテレビ東京系)やジョホールバルの歓喜(地上波ではフジテレビ系)の時代から進歩していないのです。

 その間にも、当ブログの実測調査や、協力者の情報提供などもあって、フジテレビ系受信可能性の高い地域はどんどん見つかっています。

 技術の進歩もありました。今はTVerやAbemaもある時代です。
 地上波が届いている地域なら遠距離受信、それが叶わない地域ならTVerやAbemaを使うことで、昔のような不便は少しずつ解消されているのです。

 秋田テレビでも良いし、Abemaでも良い。
 今夜、日本代表を応援しましょう。

blog_rankingクリックでブログランキングに投票!